丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【考える】think / consider / contemplate / reflect / deliberate / ponderの違い

パンダ君
パンダ君
think / consider / contemplate / reflect / deliberate / ponderは、全部、「考える」って訳せるけど、なんか違いがあるのかなぁ?

オオカミ君
オオカミ君
うん、それぞれちょっとした違いがあるんだ。今日はその違いを徹底解説していきましょう。

【1】「考える」の違い

一言で言うと次のとおり。

・think:思う

・consider:考慮する

・contemplate:熟考する

・reflect:振り返る

・deliberate:協議する

・ponder:思案する

では、ひとつひとつ例文を使って解説していきます。

1-1.think:思う

I think Tom is lying.
(トムは嘘をついていると思う)

thinkは一般的な「思う」「考える」の意味で使います。かなり幅広く使うことができます。

パンダ君
パンダ君
ちなみにthinkは自動詞です。例えば、think of〜って形。ただし、think that節の場合は他動詞扱いです。

1-2.consider:考慮する

He’s considering buying a house.
(彼は家を買うことを考えている)

considerは、単に考えるthinkと違い、何かを決定するために注意深く考える場合に使います。

パンダ君
パンダ君
実は「con(強意)+sidus(星)」の2つのパーツで構成。「徹底的に星を観察する」→「考慮する」って意味になりました。

1-3.contemplate:熟考する

He is contemplating a job change.
(彼は転職を考えている)

利点や欠点などを考えながら、様々な視点から深く考え、1つを選ぶ際に使われます。considerに似ているけど、より真剣に考えるイメージです。

1-4.reflect:振り返る

I reflected on past events.
(過去の出来事について振り返った)

既存の事象を踏まえてじっくりと考えたり反省したりする場合に使われます。reflect onの形で使います。

パンダ君
パンダ君
「re(後ろへ)+ flect(曲げる)」の2つのパーツで構成。「後ろに曲がる」→「振り返る」って意味になりました。

1-5.deliberate:協議する

They are still deliberating the matter.
(その問題はまだ彼らが協議中です)

複数の人が長時間をかけて協議し、考え、検討する場合に使われます。

パンダ君
パンダ君
-liberは「バランスを取る」って意味の語源で、複数の人と協議をしながら意見をすり合わせていくイメージですね。level(水平な)などが同語源です。

1-6.ponder:思案する

I pondered the meaning of the life.
(人生の意味を考えました)

ponderは1人で思案する(あれこれと考えを巡らす)場合に使われます。

パンダ君
パンダ君
considerは何かを決定するための思考ですが、ponderは自由に色々と深く考えるイメージですね。

【2】☆ まとめ ☆

・think:思う

・consider:考慮する

・contemplate:熟考する

・reflect:振り返る

・deliberate:協議する

・ponder:思案する

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。