丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

virtualは「仮想の」と「現実の」の2つ意味がある?【本義は1つです】

オオカミ君
オオカミ君
virtualは「仮想の」って意味だと思ってたんだけど、「事実上の」と学校で教わったぞ。全く逆の意味に思えるんだが…。

パンダ君
パンダ君
うん、全く逆の意味に思えるけど、本義は1つだよ。”virtual” の本義は「実質的に同じ」です。

オオカミ君
オオカミ君
うん?

パンダ君
パンダ君
ちょっとわかりづらいですね。つまり、次のような感じです。

・現実は違うんだけど、実質的に、ほぼ同じ→「事実上の」

・現実には存在しないんだけど、実質的に、存在しているのとほとんど同じ→「仮想の」

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!確かに!

パンダ君
パンダ君
最後に例文で確認しておきましょう。

[事実上の]
The country has virtually collapsed.
(その国は事実上崩壊した)

パンダ君
パンダ君
現実は、まだ国として存在はしているんだけど、街が破壊され、経済も回っていない状況であり、実質的には、ほぼ崩壊したのと同じってことです。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!

[仮想の]
We can take a virtual tour of the universe at home.
(私たちは、家で宇宙の仮想ツアーに参加できる)

パンダ君
パンダ君
現実には存在しない空間だけど、実質的に存在しているのとほぼ同じ感じでツアーができるってことです。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!例文があるとわかりやすい!

パンダ君
パンダ君
このように、本義は「実質的に同じ」であり、「仮想の」と「事実上の」って2つの意味があるんだ。ちなみに、実際の英文では、「事実上の」って訳すことが多いですね。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。