丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【高校英語】クジラ構文が秒速で解決する必殺技【by 英語予備校講師】

【1】クジラ構文を秒速で解決する必殺技

結論からいきましょう。

〈no + 比較級 + than 〉は矢印2つ。

矢印2つです。つまり、比較級の部分と、than…の部分にnoから矢印を2本引っ張るだけです。

例文で確認しましょう。

He can no more speak French than I .

まずは、noからmore speak Frenchに矢印を引っ張ります。すると、noは強い否定なので、「彼は全然、英語が喋れない」って訳になります。

次に、than I に矢印を引っ張ります。すると、thanは「差」を表しますので、それを否定すると「差がない」つまり「イコール」ってことになります。以上をまとめると、次のようになります。

「彼は全然、英語が喋れない…どれくらいかというと…私と同じくらいにね」

「彼は私と同様に英語を全然喋れない」

・クジラ構文もこれで解決

では、次のようなクジラ構文も、この方法で解決していきましょう。

A whale is no more a fish than a horse is.

「クジラは全然魚じゃない…どれくらいかというと…馬が魚じゃないのと同じくらいにね。」

「クジラは馬と同様に魚じゃない」

このように、この必殺技を使えば、no more〜 than…の丸暗記は解消できます。

・〈no + 比較級 + than 〉が伝えたいメッセージ

また、この英文が伝えたいメッセージがすごい伝わってくるんです。

まずは、「クジラは魚じゃない!」と強く主張します。でもそれだけだと伝わりづらいですよね。そこで極端な例として「馬が魚じゃないのと同じくらい」と付け足して、主張を強めているんです。

さらに、この必殺技を使うと、丸暗記では対応できない応用にも対処できるんです。

・応用問題

次の英文を訳してください。

Tom is no taller than Nancy.

どうでしょうか?
よく間違えてしまうのは、「トムはナンシーよりも背が高くない」です。

〈no 比較級 than 〉なので、noから矢印2本です。すると次のようになります。

「トムは全然背が高くない…どれくらいかというとナンシーと同じくらいね。」

「トムはナンシーと同じくらい背が高くない」

このように、no more 〜 than…で丸暗記してしまっている人は、こういう応用に対応できなくなってしまいます。

・書き換え

先の英文は、〈no=not 〜 any〉なので、次のように書き換えることができます。

A whale is no more a fish than a horse is.
「クジラは馬と同様に魚じゃない」

A whale is not a fish any more than a horse is.

【2】おわりに

以上、「no 比較級 than」について解説していきました。

英文法は、読解も含めて英語の学習の最も基本となります。

英文法の勉強で大切なことは、参考書を理屈抜きに丸暗記するのではなく、きちんと理解しながら、学んでいくことです。英文読解も結局のところ、問われるのは基本的な英文法の理解です。

ちなみに、この理解して英文法を学ぶのに、「スタディサプリ」という動画の授業がおすすめです。14日間無料体験ができて、いつでも解約可能なので、ぜひ試してみてください。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね