幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
英語

【疑問詞 + to不定詞】を徹底解説!

疑問詞 + to不定詞

結論。〈疑問詞 + to不定詞〉の訳は「疑問詞の意味+〜すべきか」です。

〈疑問詞 + to不定詞〉:「疑問詞の意味+〜すべきか」

また、〈疑問詞 to 〜〉は名詞句です。

具体例を挙げましょう。

⑴what to 〜 「何を〜すべきか」

⑵when to 〜「いつ〜すべきか」

⑶where to 〜「どこで〜すべきか」

⑷how to 〜「どのように〜すべきか」

⑸which to 〜 「どちらを〜すべきか」

⑹which +名詞 to 〜「どちらの名詞を〜すべきか」

上記の通りです。

実際の例文でも見ていきましょう。

例 I don’t know what to do.
(私は何をすべきかわからない)

例 I’m thinking which car to buy.
(私は、どちらの車を買うべきか考えている)

おわりに

以上、【疑問詞+to不定詞】について話していきました。

〈疑問詞 + to不定詞〉の訳は「疑問詞の意味+〜すべきか」でしたね。また、名詞句を作るというのは、意外と忘れがちですが、読解や文法問題を解く時には、非常に大切です。

it is 〜 for / of 人 toの使い分けit is 〜 for / of 人 toの使い分け 結論。〜の部分が「人の性質」であれば、“ of ”です。 〜の...
準動詞の否定【to不定詞・動名詞・分詞構文の否定】ここでは、準動詞の否定について説明していきます。準動詞について、詳しくは下の記事に書いていますので、まずはそちらをご参照ください。 ...
英文法の核心英文法は核心から考えることで、丸暗記が激減します。 無味乾燥な知識の丸暗記から脱却し、「英語のなぜ?」に答え、英語の核心を理解し英語の実力を身につける英文法の記事一覧。「英語は楽しい!」「わかった!」という感動を伝えていく。...