丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英単語

【英単語】scribeの語源から10個の英単語を覚える

【1】scribeの語源

結論から言うと、scribeの語源は「書く」です。

scribeの語源:「語源」

〈覚え方〉
動画のサブスクなどが流行っていますが、これはsubscribeの事であり、「書類の一番下(sub)に名前を書く」→「定期購読する」って意味になりました。

【2】scribeの語源「語源」

ここでは、大学受験やTOEICに出るレベルの英単語で、覚えたほうがよいものを紹介していきます。

1.ascribe「何かのせいにする」

ascribe A to B「AをBのせいにする」の形で出てきて、「AをBの方へ向けて書く」→「Aの原因をBの方に求める」→「AをBのせいにする」って意味になりました。

2.describe 「描写する」

「下へ(de-)書く」→「見たことを手元(下)の紙へ書く」→「描写する」って意味になりました。

3.inscribe「文字を彫る」

「力を込めて中に(in)書き込む」→「文字を彫る」って意味になりました。

4.manuscript「原稿」

「手で(manu)書いたもの」→「原稿」って意味になりました。

5.prescribe「処方する」

「医師が前もって(pre)書いておく」→「処方する」って意味になりました。

6.script「台本、文字」

「書かれたもの」→「台本、文字」って意味になりました。

7.subscribe「署名する、定期購読する」

「書類の一番下(sub)に名前を書く」→署名する、定期購読する」って意味になりました。また,「サブスク」って日本語でも使っていますね。

【3】scribeの語源(発展編)

ここでは、大学受験やTOEICに出ないレベルの英単語を紹介していきます。無理して覚える必要はないかなと思います。

・postscript「追伸」

・scribble「落書きする」

・transcribe「文字に起こす」

以上、〈scribe〉の語源について解説していきした。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

Good luck!

語源で覚える英単語

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。