丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【TOEIC】Part7のarticle(記事)対策

【1】Part7のarticle(記事)を知る

1-1.article(記事)問題は難しい

まず、Part7に出るジャンルは次のとおり。

①Eメール(E-mail)
②記事(article)
③Webページ(Webpage)
④広告(advertisement)
⑤告知(notice)
⑥チャット(chat)

この中で、最も難しいのが「②記事(article)」です。みんな口を揃えて「1番難しいのはarticle」って言います。

1-2.難しい理由は?

articleが1番難しいとされる理由は次の通りです。

・内容が堅い

・単語が難しい

・固有名詞が多い

・文章量が多い

上記のとおり。

内容は「市のインフラなどの世論の問題」や「商品の紹介」や「会社の合併」など、チャットや広告などと違い堅い内容のものが多く、それに伴い、単語が難しくなることが多いです。

また、固有名詞も多くなり、「誰が誰だっけ?」ってことになります。そして、単純に文章量が多いのも難しく感じる理由のひとつです。

【2】Part7のarticle(記事)対策

ここまで、articleの特徴を話してきました。ここからは、対策方法を紹介していきます。対策方法は次の3つです。

1.特徴を知る

2.英語力を磨く

3.飛ばす

上記のとおり。

ひとつひとつ説明していきます。

2-1.特徴を知る

articleの特徴は次のとおり。

・市のインフラや会社の合併などの堅い内容

・セリフが多い

・情報の並置も多い

実際に、公式問題集を使って、articleの記事を何度も音読して、パターンに慣れていきましょう。これで英語力がつくのはもちろんですが、同時にarticleに出てくる内容のパターンもわかってくると思います。

また、Mr.Yamahiro said “he was〜”って感じで、“〜“のセリフが多く出てきます。セリフでは、“〜“Mr.Yamahiro said.など、語順が様々に変わるので注意が必要です。

情報の並置というのは、「Salinas Poducts,a large food distributor based in Mexico city」といった感じで、カンマの前後がイコール関係の並置です。これがかなり長くなることが多いので、いかに一気に読めるかが大切です。

2-2.英語力を磨く

結局は、ここに行き着きます。色々なテクニックはあるものの、最終的には英語力を磨くのが良いです。

具体的には、英単語・構文把握力を身につけましょう。精読力を身につけることで、どんなに難解な英文も正確に読めるようになります。

2-3.飛ばす

TOEICのリーディングは時間との戦いです。最後まで行かず、最後の2セットくらいは塗り絵になってしまう人も多いです。

articleで時間をかけたのに点数を取れないんだったら、飛ばしてしまって、できる問題を問いた方が良いです。

いつも最後まで問題を解ききれない人は、この飛ばす方法はかなり有効だと思います。

ちなみに、公式問題集8では、test1.2にそれぞれ1つずつしか出ていません。なので、article対策のために「英字新聞を読む」などの対策は不要です。TOEIC対策には、TOEIC教材を使うのが最適です。

【3】まとめ

・article(記事)問題は難しい

・内容が堅く、単語が難しく、固有名詞が多く、文章量が多い

・特徴を知り、英語力を磨く

・最後まで解ききれない人は飛ばす

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!