丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英単語】spectの語源から22個の英単語を覚える

【1】spectの語源

結論から言うと、spectの語源は「見る」です。

spectの語源:「見る」

【2】spect の語源(必修編)

ここでは、大学受験やTOEICに出るレベルの英単語で、覚えたほうがよいものを紹介していきます。

1.expect「予期する、期待する」

「外に(ex)目を向ける(spect)」→「予期する、期待する」です。

2.suspect「疑う」

「下(sus)から見る(spect)」→疑い深く見る」→「疑う」です。

3.inspect「検査する」

「中を(in)見る(spect)」矢印右︎「検査する」

※中学時代の持ち物検査ではカバンの中を見られましたよね。

4.prospect「見通し」

「未来(pro)を見る(spect)→「見通し」
って意味です。

5.respect「尊敬する」

「(re+spect)再び(何度も)見る」→「尊敬する」って意味です。

6.introspection「内省」

「(intro+spect+ion)心のうちを見ること」→「内省」って意味になりました。

7.perspective「見通し」

「(per+spect+ive)→「風景の中にある木や家などの対象を視点が貫いて(through),正確に見通すこと」→「見通し」って意味になりました。

8.perspicuous「明瞭な」

「(per+spicu+ous)ずっと(through)向こうの方まではっきりみえる」→「明瞭な」って意味になりました。

9.conspicuous「目立つ」

「(con+spicu+ous)完全に見える状態」→「目立つ」って意味になりました。

10.aspect「局面,様相」

「(a+spect)ある対象の1方向に向かって見る」→「局面、様相」って意味になりました。

11.despise「軽蔑する」

「(de+spise)→相手を下に見くだす」→「軽蔑する」って意味になりました。

12.species「(動植物の)種,種類」

「(speci+es)→同じ外観(目に見える姿)をした動物また植物が複数集まった集合体」→「(動植物の)種,種類」って意味になりました。

13.specimen「見本,標本」

「見て観察する(specio)もの(-men)」→「見本,標本」って意味になりました。

14.specify「明確に述べる」

「自分が言いたいことがはっきりと見える状態にする」→「明確に述べる」って意味になりました。

15.spectacle「光景」

「(specta+cle)目に見えるもの」→「光景」って意味になりました。

16.spectator「見物人」

「(spectat+or)見る人」→「見物人」って意味になりました。

17.retrospect「回顧(昔をふりかえること)」

「(retro+spect)後ろをふりかえって見ること」→「昔をふりかえって見ること」→「回顧」って意味になりました。

18.speculate「深く考える,投機する」

「対象の心の中でじっと見つめる」→「深く考える」って意味になりました。

19.spectrum「スペクトル」

「(spect+rum)目に見える光線が集まったもの」→「スペクトル」って意味になりました。

20.scope「範囲」

「見える景色」→「範囲」って意味になりました。

21.special「特別な」

「際立った特徴が見える」→「特別な」って意味になりました。

22.spy「スパイ」

「敵の様子を見に行く人」→「スパイ」って意味になりました。

 

以上、〈spect〉の語源について解説していきした。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

Good luck!

語源で覚える英単語

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。