丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

リスニングの上達法【聞き取れない人必見!】

英語学習者
英語学習者
「英語のリスニングが聞き取れない。というか、速くてついていけない。」

こういう悩みを解決します。

✔本記事の内容

・リンキングを知る

・リダションを知る

・フラッピングを知る

この記事を書いている僕は、大学受験の英語予備校講師として10年以上指導。現在は、TOEICの勉強・研究に力を入れており、TOEIC満点を取得しています。

【1】英語の音の変化は3種類

次の3つです。

・リンキング(リエゾン)

・リダション

・フラッピング

ひとつひとつ説明していきますね。

【2】リンキング(リエゾン)

音と音がつながること。具体的には、1つ目の英単語の「最後の音」と2つ目の英単語の「最初の音」がつながることです。

これは、次の4パターンに分かれます。

・子音+母音

・子音+子音

・母音+母音

・T, D, S or Z + Y

具体例を挙げていきましょう。

2-1.子音+母音

1つ目の英単語の「最後の子音」と2つ目の英単語の「最初の母音」がつながります。

・need it :「ニーディッド」

・pick up:「ピカップ」

・talk about:「トーカバウト」

2-2.子音+子音

1つ目の英単語の「最後の音」が子音で、2つ目の英単語の「最初の音」も子音だった場合、1つ目の英単語の「最後の子音」が詰まって省略されることがあります。

・feel like :「フィーライク」

・bad day:「バッデェイ」

・good news:「グッニュース」

2-3.母音+母音

1つ目の「最後の音」が母音で、2つ目の「最初の音」も母音の場合、つなぎ目の部分に “w” や “y” といった音が入る場合があります。

・the end:「ディィエンド」
(the end→the-yend )

・go out:「ゴーワウト 」
(go out → go-wout )

2-4.子音字 + Y

1つ目の「最後の音」が子音字であり、2つ目の「最初の音」がYだった場合、次の例のように発音します。

・get you:「ゲッチュー」

・want you:「ウォンチュー」

・need you:「ニージュー」

・could you:「クジュー」

・miss you:「ミシュー」

・keep you:「キーピュー」

・thank you:「センキュー」

if you:「イフュー」

【3】リダクション

英語の発音における音声の脱落現象のこと。スペルにはあるけど、発音すると弱くなる/短くなるのがリダクションです。完全に音が無くなるわけではないのですが、消えたように感じます。

次のパターンをやっていきます。

・語尾の破裂音(P, K, T, B, G, D)省略

・機能語のリダクション

・消えるh

具体例を挙げていきましょう。

3-1.語尾の破裂音(P, K, T, B, G, D)省略

英単語の語尾に、語尾の破裂音(P, K, T, B, G, D)が来た場合は、口の形だけ作って音を出さずに終わっていいというルールです。

・to(p):トップ→トッ

・thin(k):シンク→シン

・si(t):シット→シッ

・goo(d):グッド→グッ

・si(te):サイト→サイッ

・wi(de):ワイド→ワイッ

・singin(g) :シンギング→シンギン

・playin(g) :プレイング→プレイン

3-2.機能語のリダクション

英単語は大きく次の2つに分かれます。

・内容語:名詞、一般動詞、形容詞、副詞、疑問詞など。

・機能語:接続詞、冠詞、前置詞、助動詞、be動詞など。

ざっくり言うと、内容を伝えるのに最低限必要な単語が内容語です。なので、内容語は強く発音される一方で、機能語は弱く発音(リダクション)される傾向にあります。

・for:「フォー」→「ファ」

・from:「フロム」→「フム」

・of:「オヴ」→「ァヴ」「ァ」「ヴ」

・our:「アワー」→「ァー」

・and:「アンド」→「ン」

・can:「キャン」→「クン」

・some:「サム」→「スム」

・out of:「アウト・オヴ」→「アウダ」

3-3.消えるh

hは消えることが多いです。

him:「ヒム」→「イム」

his:「ヒズ」→「イズ」

her:「ハー」→「ァー」

have:「ハヴ」→「ァヴ」「ァ」

・should have:「シュド・ハヴ」→「シュダヴ」「シュダ」

・ask him:「アスク・ヒム」→「アスキン」

・for her:「フォー・ハー」→「フォァー」

【4】フラッピング

フラッピングとは、Tの音が「LとDの間のような音」になる音声変化のことです。

次の2パターンがあります。

・Tが「母音と母音」に挟まれている

・Tの直前の母音にストレスがある

具体例を挙げていきましょう。

4-1.母音+t+母音

・water:ウォーター→ウォーラー

・later:レイター→レイラー

・twitter:トゥイター→トゥイラー

・better:ベター→ベラー

・butter:バター→バラー

・letter:レター→レラー

・computer:コンピューター→コンピューラー

・motor:モーター→モーラー

・pretty:プリティ→プリリー

・university:ユニバーシティ→ユニバーシリー

4-2.母音+t+l

・little:リトル→リロゥ

・bottle:ボトル→ボロゥ

・title:タイトル→タイロゥ

・settle:セトル→セドゥル

4-3.r+t+l

turtle:タートル→ターロゥ
startle:スタートル→スタードゥル

4-4.n+t

・internet:インターネット→インナーネット

・center:センター→セナー

・twenty:トゥエンティ→トゥエニー

・painter:ペインター→ぺインナー

4-5.単語と単語の間

・Shut up.:シャット・アップ→シャラップ

・not at all.:ナット・アット・オール→ナラロー

・about it.:アバウト・イット→アバウリッ

・let it go:レット・イット・ゴー→レリゴー

・wait a minute :ウェイト・ア・ミヌット→ウェイラ・ミヌット