丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英単語】obの語源から5個の英単語を覚える

【1】英単語 〈ob〉の語源

結論から言うと、〈ob〉の語源は「反対」です。

〈ob〉の語源:「反対」

【2】語源〈ob〉から覚える英単語

大学受験やTOEICに出るレベルの英単語に絞って、紹介していきます。

1.object​​「反対する」​​​​​​

「反対に(ob)投げる(ject)→「反対する」って意味になりました。

※jectは「投げる」です。プロジェクター(projector)は「前に映像を投げる物」(投影機)ですよね。

2.obstacle​​「障害」​​​​​​

「反対に(ob)立っている(stacle)」→「障害」って意味になりました。

3.obstruct​​「ふさぐ」​​​​​​

「反対に(ob)建てる(struct)」→「〜をふさぐ」って意味になりました。

4.obstinate​​「頑固な」​​​​​​

「反対して(ob)立つ(stinate)」→「頑固な」って意味になりました。

5.opponent​​「敵」​​​​​​​

「反対に(op=ob)置かれている(pon)人(ent)」→「敵」って意味になりました。

※pon=pose「置く」です。

【3】おわりに

以上、「obの語源」について解説していきました。

このように語源から考えることで覚えやすくなります。また、未知の英単語を推測することも可能になります。次の記事で語源の記事をまとめているので、ご参照ください。

語源で覚える英単語英単語は語源で覚えることで、劇的に覚えやすくなる。さらに未知の英単語を推測することも可能です。この記事では根性で覚えるのではなく工夫して覚える方法を紹介しています。...

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ@Englishpandaaをフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね

次の記事は僕のブログの中で最もよく読まれている記事です。TOEICを受けようと思っている人は、ぜひご参照ください。

【スタディサプリTOEIC】勉強の順番を解説!【by予備校講師】スタディサプリTOEICの勉強の順番について知りたくありませんか? 本記事では、スタディサプリTOEICの学習の順番を紹介していきます。 スタディサプリTOEICの学習の順番を知りたいと思っている人は必見です!...