丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【TOEIC リスニング】付加疑問文の対策方法【テクニックも紹介します】

TOEIC学習者
TOEIC学習者
「TOEICのリスニングで付加疑問文が出ると聞くけど、、、付加疑問文ってなんですか?だれか英語の専門家の人、教えてください」

こういった疑問に答えます。

✔本記事の内容

・付加疑問文とは?【全パターンを例文付きで紹介します】

・TOEICでは付加疑問文が頻出する話【 Part2で出てきます】

・付加疑問文を使ったテクニック【最初の聞き逃しを挽回できます】

この記事を書いている僕は、大学受験の英語予備校講師として10年以上指導。現在は、TOEICの勉強・研究に力を入れており、TOEIC満点を取得しています。

【TOEIC】リスニングに出る付加疑問文とは?

・付加疑問文のパターンを紹介

付加疑問文は「〜ですよね?」っていう表現で、主な形は次のとおりです。

〈肯定文につく場合〉

・be動詞の場合:肯定文〜,isn’t+主語?

・一般動詞の場合:肯定文〜,don’t+主語?

・助動詞の場合:肯定文〜,助動詞の否定型+主語?

〈否定文につく場合〉

・be動詞の場合:否定文〜,is+主語?

・一般動詞の場合:否定文〜,do+主語?

・助動詞の場合:否定文〜,助動詞+主語?

上記のとおり。

もちろん、isやdoは時制や主語によって使い分けていきます。

あとは、発展として命令文やLet’s〜の付加疑問文もあるのですが、TOEICには出ません。もし、興味がある方は次の記事をご参照ください。

【英語】付加疑問文を徹底解説します【by現役予備校講師】英語の付加疑問文について、丸暗記不要で理解して知りたくありませんか? 本記事では、英語の付加疑問文を徹底的に理解して学べるよう書いています。 英語の付加疑問文について知りたい方は必見です!...

付加疑問文を例文で確認

実際の例文で確認してみましょう。

〈肯定文につく場合〉

He is a student,isn’t he?
(彼は学生だよね?)

You play tennis,don’t you?
(あなたはテニスをするよね?)

You can speak English,can’t you?
(あなたは英語を話せないよね?)

〈否定文につく場合〉

You aren’t a teacher,are you?
(あなたは先生じゃないよね?)

He didn’t clean the room,did he?
(彼はその部屋を掃除してなかったよね?)

It won’t rain tomorrow,will it?
(明日は雨は降らないよね?)

TOEICのリスニングで付加疑問文が頻出する話

大学受験では、付加疑問文はほとんど出てきません。一方で、TOEICでは付加疑問文が頻出します。

主に Part2のリスニングで必ず1問は出てきます。

なので、大学受験対策で付加疑問文をほとんどやってこなかった人は、しっかりと確認しておきましょう。

TOEICは受験英語と違い、日常会話が出てくるので、その時に付加疑問文が使われやすいんですよね。

【TOEIC】リスニングで使う付加疑問文のテクニック

結論から言うと、最初の聞き逃しを挽回できるのが付加疑問文です。

たとえば、次の英文。

You will have dinner with Tom tomorrow,won’t you

この場合、Youもwillも一瞬で発音されてしまうので、なかなか聞き取りづらいんですよね。でも、最後のwon’t you?を聞き取ることで、あ〜最初に「You will」って言ってたのかって分かるわけです。

そういうわけで、付加疑問文は、TOEIC受験生にとっては、ラッキー問題、いわば、敗者復活戦の問題なんですよね。

・☆ まとめ ☆【TOEICのリスニングの付加疑問文】

いかがでしたか?

TOEICのリスニングに出る付加疑問文について解説していきました。

ここまでをおさらいしましょう。

・TOEICでは付加疑問文は頻出

・付加疑問文は「〜ですよね?」っていう表現

・肯定文〜,isn’t+主語など

・付加疑問文は敗者復活戦の問題

付加疑問文は、苦手問題どころか、スコアを上げる得点源にもできます。ぜひとも練習をして、そして目標スコアを達成してほしいです。

このブログでは他にも、TOEIC勉強法に関する記事を執筆しています。興味のある方はぜひご覧いただきたいです。

【TOEIC】Part2の解き方とコツ【頻出単語も紹介】TOEIC Part2 解き方と勉強法について知りたいですか? 本記事では、TOEIC Part2 解き方と勉強法につい紹介しています。 TOEIC Part2 解き方と勉強法について知りたい人は必見です!...