丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英文法】those who の意味と使い方【〜する人々って訳す︎】

【1】those who の意味と使い方

結論からいきましょう。

those who 〜:〜する人々

上記のとおり。

例文で確認してみましょう。

those who need someone’s help
(誰かの助けを必要としている人々

・なぜ?

実は、those (people) whoの、“people“ が省略されているからです。

many peopleやfew peopleなどもpeopleが省略されてmanyやfewというのを見たことがあるはずです。これと同じなんです。

【2】話を深堀りしていきます。

ここまででキツイって人は、サラッと読むだけでOKです。

次の2つについて、解説していきます。

・those ≠ 「あれらの」

・those+形容詞句

ひとつひとつ説明していきますね。

・those ≠ 「あれらの」

ちなみに、“those(people)who“のthoseを「あれらの」って訳していけません。

なぜならば、このthoseは予告のthoseというものだからです。つまり、“those+名詞“の“名詞“が後ろから修飾されますよって合図に過ぎないからです。

・those+形容詞句

those whoに限らず、those+形容詞句(節)は、「〜する人々」って訳すことがあります。

例 Be kind to those around you.
(周りのに親切にしなさい)

実は、もともとは、次のような感じなんです。

Be kind to those [ who are ] around you.

このように、those whoにおいて後ろにbe動詞が続く場合、『who+be動詞』が省略可能なんです。

これでよく出るのが、those presentです。
本来は、「those (who are) present」です。よって、「出席している人々」→「出席者」って訳なんです。

【3】おわりに

以上、「those who の意味と使い方」について、解説していきました。

☆ まとめ ☆

・those who 〜:〜する人々

・元々はthose (people) who

・those ≠ 「あれらの」

・those+形容詞句:〜する人々

those who「~する人々」で丸暗記している人は、ちょっと変えられると対応できなくなります。丸暗記なしできちんと理解することで、対応することができます。

では、ここでおしまいにします。(`・ω・´)ゞ

英文法の記事一覧

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、鬼塚英介を応援してね