丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】接続詞は2つに分かれる【等位接続詞と従位接続詞】

【1】等位接続詞と従位接続詞

接続詞は大きく次の2つに分かれます。

・等位接続詞

・従位接続詞

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・等位接続詞

等位接続詞は、「文と文」や「単語と単語」や「句と句」などを接続する働きをします。

具体的には、次のような接続詞が等位接続詞です。

and/but/or/for /so/yet/nor

等位接続詞は、従位接続詞に比べて数は圧倒的に少ないです。

例文でも確認していきましょう。

I have a cat and a dog.
(私は犬と猫を飼っている)

I emailed her, but she never wrote back.
(彼女にメールをしたが、返事はなかった)

・従位接続詞

従位接続詞は、「文と文」をつなげる働きをします。

具体的には、次のような接続詞です。

although/when/if/while/because/where …など。

従位接続詞は、等位接続詞と異なり、かなり数があります。

例文でも確認していきましょう。

When I saw him , he was studying.
(私が彼を見た時、彼は勉強していた)

Though he was so tired, he continued to work.
(彼はとても疲れていたが、仕事を続けた)

【2】おわりに

以上、「等位接続詞と従位接続詞」について解説していきました。

接続詞は、文法問題では前置詞との違いでよく頻出します。そして、それ以上に、読解において非常に大切になってきます。

英文法の記事一覧

【英語】英文法おすすめ勉強法・参考書5選【現役予備校講師が本音で語る】英文法の勉強法について知りたいですか? 本記事では、英文法の勉強法について紹介しています。 英文法は核心から考えれば暗記量が激減します。 英文法の効果的な勉強法を知りたい人は必見です!...