丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語 PR

onceの3つの意味と使い方は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【0】動画で解説

【1】onceの3つの意味

パンダ先生
パンダ先生
今日は、onceについて解説していきます。

オオカミ君
オオカミ君
onceって、「一度」って意味だろ!

パンダ先生
パンダ先生
うん、そうですね。でも、他にも意味があるんだ。ざっくり言うと、次の3つを覚えておきましょう。

[onceの意味]

1.一度(副詞)

2.かつて(副詞)

3.いったん〜したら(接続詞)

オオカミ君
オオカミ君
あっ、そういえば、接続詞のonceっていうのも教わった気がするかなぁ…。

パンダ先生
パンダ先生
そうだね、3つ目の接続詞のonceは忘れやれやすいんですよね。というのも、中学生の頃に副詞のonce「一度」「かつて」を教わり、高校になって急に接続詞のonceを教わるものだから、例外的なあまり使われない用法って思われがちなんだ。

オオカミ君
オオカミ君
たしかに。そんなイメージだな。

パンダ先生
パンダ先生
でも、そんなことはなくて、接続詞のonceは頻出するよ。

オオカミ君
オオカミ君
そうなのか!きっちり学んでおかないとだな。

パンダ先生
パンダ先生
そうだね、では、一つ一つ例文で確認していきましょう。

・一度(副詞)

I have visited Paris once.
(私は一度パリを訪れました)

・かつて(副詞)

The old theater was once a popular venue for concerts.
(その古い劇場はかつてコンサートの人気会場だった)

・いったん〜したら(接続詞)

Once the movie starts, please refrain from talking during the screening.
(映画が始まったら、上映中はおしゃべりを控えてください)

パンダ先生
パンダ先生
接続詞のonceは、「once sv〜、SV…」の形をとるよ。

オオカミ君
オオカミ君
ふむ。形から判断すればいいんだな。

【2】onceの位置によって判別

パンダ先生
パンダ先生
接続詞と副詞の判別は明らかだけど、副詞の「一度」と「かつて」の判別について解説していきますね。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。

パンダ先生
パンダ先生
まず、文末にある場合は、両方の可能性があるので、文脈勝負になっちゃいます。

I had the chance to meet my favorite author once.
(私は一度好きな作家に会う機会がありました)
(私はかつて好きな作家に会う機会がありました)

オオカミ君
オオカミ君
なるほど、両方で訳せるんだな。

パンダ先生
パンダ先生
一方、次のような場合は、「かつて」って訳す必要があります。

I once lived abroad.
(かつて私は外国で暮らしたことがあります)
× 一度私は外国で暮らしたことがあります

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。

【3】onceを使った慣用表現

パンダ先生
パンダ先生
最後に“once“を含む慣用表現を紹介していきます。

・once in a while: 時々

I like to treat myself to ice cream once in a while.
(私は時々アイスクリームを自分へのご褒美にします)

パンダ先生
パンダ先生
直訳すると「しばらくの間の中で一回」→「時々」って覚えましょう。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!

・once and for all: きっぱりと

Let’s settle this argument once and for all.
(この議論はきっぱりと解決しましょう)

パンダ先生
パンダ先生
直訳すると、「一回だけ、そしてそれはすべてを通じて」→「きっぱり」って覚えましょう。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。

・all at once: 一度に、突然に

The fireworks exploded all at once, lighting up the night sky.
(花火が一斉に打ち上げられ、夜空を彩りました)

パンダ先生
パンダ先生
直訳すると、「一度ですべてを」→「一度に」って覚えましょう。

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、わかりやすい!

・once upon a time: 昔々

Once upon a time, there was a brave knight who saved the kingdom.
(昔々、勇敢な騎士が王国を救った)

パンダ先生
パンダ先生
直訳すると、「ある時に一度起きたこと」→「昔々」って覚えましょう。

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、覚えやすい!

【4】☆ まとめ ☆

・[onceの意味]
1.一度(副詞)
2.かつて(副詞)
3.いったん〜したら(接続詞)

・once in a while: 時々

・once and for all: きっぱりと

・all at once: 一度に、突然に

・once upon a time: 昔々

以上、「onceの3つの意味と使い方」について解説していきました。

パンダ先生
パンダ先生
ここまでご精読頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

また、TOEIC学習法の無料メルマガも開始しました。ぜひ、間違えた方向に学習して時間とエネルギーを無駄にしたくない人は、ぜひご登録ください。