丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語 PR

【怒る】angry / furious / mad / upset / annoyed / irritated/ offendedの違いは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【0】動画で解説

【1】「怒る」を表す英単語

一言で言うと、次のとおり。

[さまざまな“怒る“]

・angry:怒る

・furious:激怒する

・mad:キレる

・upset:心中穏やかでない

・annoyed:イライラする

・irritated:イライラする

・offended:機嫌が悪い

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
ちょっと上級者向けだけど、知っておきたい使い分けだよ。

では、例文で確認していきましょう!

・angry:怒る

angryは「怒る」の最も基本的な表現です。

She gets angry with me.
(彼女は私に怒っている)

・furious:激怒する

furiousは、手のつけようのないくらいに激怒する場合に使われます。

He is furious with what they have done.
(彼は彼らがしたことに激怒しています)

もう手の付けようがない状態です。

・mad:キレる

madは、いわゆるキレている状態を表します。

When I broke the door, my father got really mad at me.
(私がドアを壊したとき、父は私にとてもキレました)

わざとドアを壊してしまったのでしょうか、父が狂うようにキレている状態です。

パンダ先生
パンダ先生
“マッドマックス“って映画があるけど、復讐劇を描いたストーリーだね。

・upset:心中穏やかでない

upsetは、不快なことに心中穏やかでない場合に使われます。

I am upset at the sudden change in the plan.
(突然の計画変更に動揺している)

パンダ先生
パンダ先生
怒りの強さは“furious>mad>angry>upset“だよ。

・annoyed:イライラする

annoyedは、怒るとまではいかないけど、イライラする場合に使われます。

I was annoyed at her behavior
(彼女の態度にイラつく)

いつも嫌味っぽい感じなのでしょうかね。

・irritated:イライラする

irritatedは、annoyedと同じイメージですが、irritatedの方が強めです。

She is irritated with him for forgetting her birthday.
(彼女は彼に自分の誕生日を忘れてイライラしている)

イライラしている女性のイメージが浮かびますね。

パンダ先生
パンダ先生
日本語のイライラとirritatedは似てるね。

・offended:機嫌が悪い

offendedは、気分を害されて機嫌が悪い場合に使われます。

She is offended by what he said.
(彼女は彼の言ったことに機嫌を悪くしている)

何気ない一言が傷つけてしまうことがありますね。

パンダ先生
パンダ先生
日本ではサッカーのオフェンスって感じでちょっと良いイメージがあるかもだけど、本来は怒らせるってイメージの単語なんだよ。

【2】☆ まとめ ☆

[さまざまな“怒る“]

・angry:怒る

・furious:激怒する

・mad:キレる

・annoyed:イライラする

・irritated:イライラする

・offended:機嫌が悪い

以上、「怒る」の類義語を紹介していきました。

パンダ先生
パンダ先生
ここまでご精読頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

また、TOEIC学習法の無料メルマガも開始しました。ぜひ、間違えた方向に学習して時間とエネルギーを無駄にしたくない人は、ぜひご登録ください。