丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】準動詞の訳【to不定詞の名詞用法と動名詞の訳し方】

英語学習者
英語学習者
「to不定詞の訳し方や動名詞の訳し方がわかりません。toや〜ingは“〜すること”や“〜するために”って訳したりして、どのように判別するか、わかりません。だれか教えてください。」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・to不定詞の名詞用法

・ingの名詞用法(動名詞)の訳し方

・前置詞の目的語は動名詞のみ

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。現在も「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。

本記事では、「準動詞の訳し方」について説明していきます。準動詞についてまだよくわかっていない人は、まずは下の記事を読んでからご覧ください。

「準動詞」という考え方【頭が一気に整理されます】 こういった悩みを解決します。 本記事の内容 ・準動詞とはなんなのか ・準動詞の表で知識を整理 も...

【1】準動詞の全体像

準動詞の全体像は、次の表の通りです。

to ing p.p. SOCMV
名詞用法 動名詞 × SOC ~すること
形容詞用法 現在分詞 過去分詞 CM(名詞修飾) 名詞にかかるだけ
副詞用法 分詞構文 分詞構文 M(名詞以外修飾) いろいろ

このうち、名詞用法と形容詞用法は非常にシンプルです。一方、副詞用法だけは「いろいろ」ということで、一筋縄ではいきません。副詞用法については、また別の記事で詳しく説明していきますね。

今回は名詞用法について、詳しくやっていきましょう。とは言っても、上記の表がすべてではあるのですが、例文を交えながら、理解していきましょう。

【2】to不定詞の名詞用法

名詞用法は、表に書いてある通り、「〜すること」って訳します。また、SOCのどれかに該当すれば名詞用法です。

・ SOCの位置→名詞用法

・不定詞名詞用法:「〜すること」

それぞれ、SOCそれぞれの場合で確認していきましょう。

・Sの位置→名詞用法→「〜すること」

to不定詞がSの位置にあれば名詞用法です。「~すること」って訳します。

To study English is great fun.
「英語を勉強することはすごく楽しいです」

この英文はSVCの第2文型ですね。「To study English 」は「S」の位置にあるので、名詞用法です。よって「〜すること」って訳しますね。

・Oの位置→名詞用法→「〜すること」

to不定詞がOの位置にあれば名詞用法です。「~すること」って訳します。

例 I wanted to know how she felt.
「私は、彼女がどう感じていたか知りたかった」

この英文はSVOの第3文型です。「to know ~ felt」の部分が「O(目的語)」の位置にありますね。よって、名詞用法なので「〜すること」って訳します。

模範解答は「知りたかった」としていますが、直訳は「知ることを欲した」です。でも、さすがにこれだと不自然な日本語なので「知りたかった」にしています。

・Cの位置→名詞用法→「〜すること」

to不定詞がCの位置にある場合は、名詞用法「~すること」です。

例 My dream is to play basketball with my son.
「私の夢は、息子とバスケをすることだ」

この英文はSVCの第2文型です。「to play 〜 son」の部分が「C(補語)」の位置にあるので、名詞用法です。よって「〜すること」って訳します。

以上、不定詞の名詞用法についてSOCのそれぞれの位置にある場合をすべて見ていきました。

次は、「ingの名詞用法」すなわち「動名詞」についても見ていきましょう。

【3】ingの名詞用法(動名詞)

ingの名詞用法」のことを「動名詞」と言います。これについては、次の記事で詳しく説明していますので、こちらでご確認ください。

「準動詞」という考え方【頭が一気に整理されます】 こういった悩みを解決します。 本記事の内容 ・準動詞とはなんなのか ・準動詞の表で知識を整理 も...

この動名詞の訳は「〜すること」です。先ほどのto不定詞と変わりませんね。

・ingの名詞用法=動名詞

・動名詞の訳:「〜すること」

to不定詞とは若干のニュアンスの違いがあるのですが、それについては、また別の記事で紹介していきます。

では、例文で確認していきましょう。

・ingがSの位置→名詞用法→「〜すること」

ingSの位置にあれば、名詞用法「~すること」です。

Playing tennis is fun.
「テニスをすることは楽しい」

この英文はSVCの第2文型ですね。そして、「Playing tennis 」は「S」の位置にあるので、名詞用法です。よって「〜することやって訳しますね。

・ingがOの位置→名詞用法→「〜すること」

ingOの位置にあれば、名詞用法「~すること」です。

例 I enjoyed watching a movie yesterday.
「私は昨日、映画を観ることを楽しんだ」

この英文はSVOの第3文型です。「watching a movie yesterday」の部分が「O(目的語)」の位置にありますね。よって、名詞用法なので「〜すること」って訳します。

・ingがCの位置→名詞用法→「〜すること」

ingCの位置にあれば、名詞用法「~すること」です。

例 My hobby is collecting stamps.
「私の趣味は切手を集めることです」

この英文はSVCの第2文型です。「collecting stamps」の部分が「C(補語)」の位置にあるので、名詞用法です。よって「〜すること」って訳します。

以上、動名詞の名詞用法についてSOCのそれぞれの位置にある場合をすべて見ていきました。

【4】前置詞の目的語

結論から言うと、前置詞の後ろは「〜ing(動名詞)」のみです。to不定詞はダメです。

前置詞+〜ing

例文で確認しましょう。

例 I am good at speaking English.
「私は英語を話すのが得意だ」

前置詞の後ろにある名詞のことを「前置詞の目的語(O)」って言います。言われてみれば、「by him」って感じで、前置詞の後ろには目的格のhimを置きますよね。「by he」とか「by his」なんて言いませんよね。

このように「前置詞の後ろにある名詞」のことを「前置詞の目的語」って言うんです。

よって、今回のat の後ろにある「speaking English」も目的語(O)なので、名詞用法です。すなわち「〜すること」って訳すんです。

ちなみに、前置詞の後ろにto不定詞はダメです。例えば、「at to speak English 」はダメなんです。

なぜ、ダメか?

単純に前置詞が2つ並んでいるようで気持ち悪いからです。単純にそれだけの理由です。
そんなわけで、前置詞の後ろは必ず動名詞だけなんです。

【5】まとめ

・to不定詞/ingがSOCの位置→名詞用法→「〜すること」

・前置詞+〜ing(to不定詞はダメ)

英文法の記事一覧