丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【actの用法】act on / act for / act asの使い分け

【0】動画で解説

【1】actの用法

actは「行動する」って意味だけど、次のような句動詞を作りやすいです。

・act on X:〜に頼って行動する

・act for X:〜に代わって行動する

・act as X:〜として働く

上記のとおり。

では、ひとつひとつ例文をあげていきましょう。

・act on X:〜に頼って行動する

I will act on my belief.
(私は自分の信念に従って行動する)

パンダ先生
パンダ先生
onの核心は「接触」「〜にべったり」→「〜に頼って」です。ちなみに、depend on Xは「Xに頼る」だよ。

・act for X:〜に代わって行動する

Could you act for me while I’m out?
(私が外出している間、私に代わって行動してもらえますか?)

パンダ先生
パンダ先生
forの核心は「意識の向く先」なので、「〜に意識を向けて行動する」→「〜に代わって行動する」になります。

・act as X:〜として働く

The sofa can act as a bed.
(そのソファーはベッド代わりになる)

パンダ先生
パンダ先生
asの核心は「イコール」だよ。「The sofa=a bed」だね。

【2】☆ まとめ ☆

・act on X:〜に頼って行動する

・act for X:〜に代わって行動する

・act as X:〜として働く

基本的には、actの基本の意味「行動する」と前置詞の核心をそれぞれ組み合わせれば、丸暗記不要です。

Good luck!