丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

however/but/although/despiteの違いは?

【0】動画で解説

【1】however/but/although/despiteの違い

結論から言うと、次のとおり。

・however :副詞

・but:等位接続詞

・although:従属接続詞

・despite :前置詞

このように、それぞれ「しかし」って意味の逆接を表しますが、それぞれ品詞が全く異なります。

では、ひとつひとつ詳しく解説していきましょう!

・however :副詞

It was raining. However I went out.
(雨が降っていた。しかし、私は出かけました)

howeverは、副詞なので、下記のように、いろいろな場所にあることがあります。

It was raining. I , however , went out.

It was raining. I went out , however.

・but:等位接続詞

It was raining but I went out.
(雨が降っていた、しかし、私は出かけました)

butは等位接続詞なので、文と文をつなぐことができます。後ほど、副詞のhoweverとの大きな違いについて解説していきますね。

・although:従属接続詞

Although it was raining, I went out.
(雨が降っていたけれども、私は出かけました)

althoughは従属接続詞なので、等位接続詞のbutとは置く位置が違うことに注意しましょう。

・despite :前置詞

Despite the rain , I went out.
(雨にもかかわらず、私は出かけました)

despiteは前置詞なので、「despite+名詞」の形です。 althoughは接続詞なので、「although+SV」になり、形が全く異なりますよね。

【2】発展編

ここからは内容が難しくなっていきますので、余裕のある方だけ、ご拝読お願いいたします。

・副詞と接続詞の違い

実は英語には次のようなルールがあります。

Vの数− 1 =接続詞・関係詞の数

これを踏まえると、次の( )には何が入るでしょうか?

It was raining ( ) I went out.
1.but 2.however

動詞がwasとwentで2つなので、「2-1=1」であり、接続詞・関係詞が1つ必要。よって、( )には接続詞・関係詞を入れないといけないので、butが正解になるんです。

・Twitterで問題を出してみたところ…

パンダ先生
パンダ先生
正答率は61.6%になりました。詳しくは上記のtweetをクリックしてみてください。

・thoughは副詞でも使える

thoughはalthoughと同じように従属接続詞として使います。

Though it was raining, I went out.
(雨が降っていたけれども、私は出かけました)

しかし、thoughは文末に置くことで副詞として使うことも可能です。

The work was hard. I enjoyed it, though.
(その仕事は大変だった。楽しんだけどね)

上記のように、文末に置いて副詞として使えます。一応、コンマを前につけるのが一般的です。また、althoughにはこのような働きがないので注意です。

・althoughとbutの違い

althoughとbutは共に接続詞なので、「Vの数− 1 =接続詞・関係詞の数」のルールは両方に適用されます。

しかし、butは次のように必ず文と文の間に置く必要があります。

It was raining but I went out.

× But it was raining , I went out.

また、althoughを訳す際に、butのように次のように訳さないように注意しましょう。

I went out although it was raining

× 私は出かけた、しかし、雨が降っていた。
○雨が降っていたけれど私は出かけた。

【3】☆ まとめ ☆

・however :副詞

・but:等位接続詞

・although:従属接続詞

・despite :前置詞

これらはどれも「逆接」を表しますが、品詞は異なるので、ここまで解説した通り、それぞれ違った形を取ります。このように日本語で同じように訳せるけど、英語では違うところは試験で出題されやすいものです。大切なことは、英語の問題を解くときは日本語のルールではなく英語のルールで解くことです。

Good luck!