丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC英文法

【TOEIC英文法】現在形はいつのことを表す?

【1】現在形とは?

1-1.現在形は現在を表さない!

パンダ君
パンダ君
現在形っていつのことだと思う?

オオカミ君
オオカミ君
えっ、「現在のこと」じゃないのか?

パンダ君
パンダ君
文法名だけ見ると、そう思えちゃうよね。でも、実は「現在のこと」じゃないんだ。

オオカミ君
オオカミ君
そんな馬鹿な!じゃぁ、いつのことを表すって言うんだ?

パンダ君
パンダ君
うん、実は現在形は「過去・現在・未来いつも変わらないこと」を表すんだよ。

現在形:「いつも変わらないこと」

オオカミ君
オオカミ君
うーん、納得いかないなぁ。

パンダ君
パンダ君
論より証拠ということで、3つの例文で確認していきましょう。

オオカミ君
オオカミ君
よろしく!

1-2.3つの用法

パンダ君
パンダ君
まずは、1つ目。

He goes to school.
(彼は学校に行く)

オオカミ君
オオカミ君
ふむ、“goes“ってことで現在形だな。三単現のsだな。

パンダ君
パンダ君
うん、そうだね。でも、これって今まさに学校に行っているわけじゃないよね。この文が伝えているのは、「彼はいつも変わらず学校に行く」ってこと。つまり、「彼は学生だ」って伝えてるんだ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!確かに!だから、現在形は「現在」ではなく「いつも変わらないこと」ってわけだ。

パンダ君
パンダ君
もう一つ、例文。

The sun rises in the east.
(太陽は東から昇る)

オオカミ君
オオカミ君
これも、三単現のsがついて現在形だな。

パンダ君
パンダ君
これも今まさに太陽が昇っている必要はないね。極端なことを言えば、夜中の2時に“The sun rises in the east.“って言ってもいいわけ。

オオカミ君
オオカミ君
うん!「いつも変わらず太陽は東から昇る」ってことだもんな!

パンダ君
パンダ君
最後に、もう一つ例文。

He resembles his mother.
(彼は母親に似ている)

オオカミ君
オオカミ君
もうわかった!これも今だけ母に似ているわけじゃなくて、「いつも変わらず母に似ている」ってことだ。

パンダ君
パンダ君
その通り!このように現在形は「今現在のこと」ではなく「いつも変わらないこと」を表すんだよ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほどな〜。文法名が紛らわしすぎるぞ。

パンダ君
パンダ君
ところで、学校では、最初の例文を「現在の習慣」、2つ目の例文を「不変の真理」、3つ目の例文を「現在の状態」って教わってしまう。

オオカミ君
オオカミ君
あぁ〜、なんかそう教わった気もするなぁ。

パンダ君
パンダ君
でも、このような分類は不要だよ。とにかく、現在形は「いつも変わらないこと」とだけ覚えておけば良いよ。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。

パンダ君
パンダ君
コアイメージをしっかりとおさえて、その上で派生していく意味を確認する感じの学習方法がおすすめだよ。

オオカミ君
オオカミ君
おう!

1-3.現在形で「未来」を表せる

パンダ君
パンダ君
実は、現在形で「未来」を表すことができるんだ。

The train starts at five tomorrow.
(その列車は5時に発車する)

オオカミ君
オオカミ君
うん?

パンダ君
パンダ君
tomorrowがあって未来のことだよね。にもかかわらず、will startではなくてstartsになっているよね。

オオカミ君
オオカミ君
あっ!本当だ!

パンダ君
パンダ君
このように現在形で「未来」を表せるんだ。学校だとこれを例外として教わっちゃうけど、でもコアイメージから考えれば、例外でもなんでもないんだよ。なんで、現在形で未来を表せると思う?

オオカミ君
オオカミ君
うーん…。あっ!電車の時刻っていつも変わらないから、現在形で表せるってことか!

パンダ君
パンダ君
その通り!電車の時刻っていつも変わらないよね。昨日は4:55で今日は5:05で明日は5:00なんてことはないよね。昨日も今日も明日もいつも変わらず5時に発車するよね。だから、現在形で未来を表せるんだ。

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、丸暗記不要だな!

【2】☆ まとめ ☆

・現在形:いつも変わらないこと

・現在形で未来を表すことができる

このように、コアイメージから考えることで、無駄な分類はする必要がなくなり、例外も単なるコアイメージからの延長線にあるものです。このブログでは、「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに発信していきますので、ぜひ、お楽しみください。

Good luck!