丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【リスニング】僕がTOEIC当日にやっていること【結論:1.3倍速で聴く】

TOEIC学習者
TOEIC学習者
「TOEICのリスニングが苦手です。試験当日にやっておくことがあったら教えて欲しいです。」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・TOEICリスニングの当日にやること【結論は直前まで1.3倍速で聴く】

・最終チェックをする【迷ったらCなどの戦略を確認する】

この記事を書いている僕は、大学受験の英語予備校講師として10年以上指導。現在は、TOEICの勉強・研究に力を入れており、TOEIC満点を取得しています。

【1】TOEICリスニングの当日にやること

結論は、直前まで1.3倍速で聴くことです。

なぜならば、そうすることで試験の本番の音声がゆっくりに聞こえてきます。

実際、僕はギリギリの12:35まで、AirPodsでずっと1.3倍速でリスニングを聴いています。

・よくある質問:使う教材は何が良い?

1.3倍速で聴く教材はTOEIC公式問題集がおすすめです。

理由は、1番の本番の試験に近いからです。

実際、本番と同じスピーカーの音声が流れるので、最もおすすめです。


・よくある質問②:1.3倍速じゃないとダメなの?

1.3〜1.5倍速がおすすめです。

なぜならば、1.5倍速よりも上げると音が壊れるからです。そうなると本末転倒なので。

実際、1.3倍速で聴いていても、本番の音声は十分にゆっくりに聞こえてきます。

・よくある質問③:単語帳を学習している人が多いけど、、、

僕は単語帳の学習はおすすめしないです。

理由は、直前に単語を学習したところで、ほとんど効果が薄いからです。

学校の小テストとかならば分かりますが、TOEICの学習は範囲が広いので、そんな広範囲の学習をしても、ただ疲れるだけです。

TOEICはスタミナと集中力勝負のところがあるので、単語の学習をして疲れるよりも、1.3倍速で聴いていた方が、脳が活性化します。

【2】TOEICリスニング当日にやること(Part2)

もうひとつ、戦略を確認しておくと良いです。

理由は、TOEICはいわば、戦略の試験なので、それを直前に改めて確認しておいた方がいいからです。

たとえば、僕の場合だと次のようなことを確認しています。

・迷ったらCと決めておく

・Part3と4では設問だけ先読みして、目を閉じて聴く

・試験開始すぐに図を見にいく

…などなど。

上記のとおり。

これらのことを、スマホのメモに書いておいて、試験前に見直しておきます。

【3】まとめ〈TOEIC当日にやること(リスニング編〉

いかがでしたか?

TOEICでは、英語力はもちろんのこと、本番力もすごい大切です。

なので、ぜひ今回紹介した方法を参考にしていただけならばと思います。