幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
英語

【英語】単数形と複数形で意味が異なる名詞【 by 英語講師】

【1】単数形と複数形で意味が異なる名詞

単数形と複数形で意味が異なる名詞をまとめてみると、次のようになります。

単数形 複数形
arm(腕) arms(武器)
custom(慣習) customs(関税)
good(善) goods(商品)
manner(やり方) manners(礼儀作法)
air(空気) airs(気取った態度)
authority(権力) authorities(当局)
interest(興味) interests(利益)
cloth(布きれ) clothes(衣服)
price(ここの値段) prices(物価)
letter(文字) letters(文学)
regard(尊敬) regards(よろしくというあいさつ)
pain(痛み) pains(苦労)

ひとつひとつ例文を見ながら確認していきましょう。

・arm/arms

armは「腕」で、armsは「武器」です。

・arm:「腕」

・arms:「武器」

覚え方は、「腕」が複数集まると「武器」になるって感じです。

・custom /customs

customは「慣習」で、customsは「関税」です。

・custom「慣習」

・customs「関税」

道を習慣的に利用する人たちを対象とした税であるため、customsは「関税」の意味です。

・good/goods

goodは「善」で、goodsは「商品」って意味です。

・good「善」

・goods「商品」

日本語でも「商品」のことを「グッズ」って言いますよね。

・manner/manners

mannerは「やり方」で、mannersは「礼儀作法」です。

・manner「やり方」

・manners「礼儀作法」

日本語で「マナー」と言ったら「礼儀作法」のことを指してしまいますよね。本来は「マナーズ」って言うのが正しいんですよね。

・air/airs

airは「空気」で、airsは「気取った態度」って意味です。

・air:「空気」

・airs:「気取った態度」

気取った態度には、空気感がプンプンしてきますよね。

・authority/authorities

authorityは「権力」で、authoritiesは「当局」って意味です。

・authority「権力」

・authorities「当局」

一つの組織の中に、様々な省庁や部署などがあるから、authorities「当局」です。

・interest / interests

interestは「興味」で、interestsは「利益」って意味です。

・interest:「興味」

・interests:「利益」

「利益」が人間の主な関心事だからです。

・cloth / clothes

clothは「布きれ」で、clothesは「衣服」って意味です。

・cloth:「布きれ」

・clothes:「衣服」

「布きれ」が複数集まって「衣服」ができますね。

・price /prices

priceは「個々の値段」で、pricesは「物価」って意味です。

・price「個々の値段」

・prices「物価」

「物価」は「個々の値段」の総まとめですよね。

・letter / letters

letterは「文字」で、lettersは「文学」って意味ですね。

・letter「文字」

・letters「文学」

「文学」は「文字」が複数集まって成り立つものですね。

・regard / regards

regardは「尊敬」で、regardsは「よろしくというあいさつ」って意味です。

・regard:「尊敬」

・regards:「よろしくというあいさつ」

regardsのように複数形になるのは、他にも、congratulationsやthanksなどで見られます。

なぜ、複数形にするのか?
「よろしく」や「お祝い」が一つではなくて、複数あるという意味で複数形になるんです。

・pain /pains

painは「痛み」で、painsが「苦労」って意味です。

・pain:「痛み」

・pains:「苦労」

「痛み」が重なると「苦労」になるイメージです。

☆ まとめ ☆

以上、「単数形と複数形で意味が異なる名詞」について説明していきました。

このブログでは、丸暗記英語からの脱却をコンセプトに理解しながら、英語を学ぶことを重視しています。もし、学習している中で迷ったら、是非、このブログに戻ってきてください。きっと、役立つはずです。

【英語】可算・不可算で意味が異なる名詞【1】可算・不可算で意味が異なる名詞 可算名詞と不可算名詞で意味が異なる名詞は、次の通りです。 不可算名詞 可...
【英語】名詞っぽい副詞を整理【abroad、home、downtown、upstairs】名詞っぽい副詞(abroad、home、downtown、upstairs)について知りたいですか? 本記事では、名詞っぽい副詞(abroad、home、downtown、upstairs)について紹介しています。 名詞っぽい副詞(abroad、home、downtown、upstairs)について知りたい人は必見です!...
英文法の核心英文法は核心から考えることで、丸暗記が激減します。 無味乾燥な知識の丸暗記から脱却し、「英語のなぜ?」に答え、英語の核心を理解し英語の実力を身につける英文法の記事一覧。「英語は楽しい!」「わかった!」という感動を伝えていく。...