幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
英語

【英語】可算・不可算で意味が異なる名詞

【1】可算・不可算で意味が異なる名詞

可算名詞と不可算名詞で意味が異なる名詞は、次の通りです。

不可算名詞 可算名詞
work(仕事) a work(作品)
paper(紙) a paper(新聞、論文)
room(余地、空間) a room(部屋)
fire(火) a fire(火事)

ひとつひとつ見ていきましょう。

・work

workは不可算名詞だと「仕事」で、可算名詞だと「作品」です。

例 I have work on Thursday.
「木曜には仕事がある」

例 I was impressed by these works.
「私はこれらの作品に感動した」

仕事は目に見えないものですが、作品は具体的な形をイメージできますね。

・paper

paperは不可算名詞だと「紙」であり、可算名詞だと「新聞、論文」です。

例 I burned the paper.
「私はその紙を燃やした」

例 I read a paper in the morning.
「私は朝に新聞を読む」

「紙」は色々な形が想像できますが、「新聞」は具体的なあの新聞をイメージできますよね。

・room

room は不可算名詞だと「余地、空間」で、可算名詞だと「部屋」って意味です。

例 There is room for improvement.
「改善の余地がある」

例 There are six rooms in my house.
「私の家には6つの部屋がある」

「余地、空間」は具体的な形が想像できませんが、「部屋」は具体的な形がイメージできますね。

・fire

fireは不可算名詞だと「火」で、可算名詞だと「火事」です。

例 Where there is smoke,there is fire.
「煙があるところには、火がある」

例 There was a fire here last year.
「去年、ここで火事があった」

火は形が残りませんが、火事は具体的な形がイメージできますね。

・☆ まとめ ☆

以上、可算名詞・不可算名詞で意味が異なる名詞について紹介していきました。今回紹介したように、闇雲に覚えるのではなくて、きちんと理解して覚えることが大切です。

このブログでは、このように丸暗記ではなく理解を中心とした解説を重視しています。学習しているなかで、何かわからないことがあれば、ぜひ、このブログに戻ってきてください。

英文法の核心英文法は核心から考えることで、丸暗記が激減します。 無味乾燥な知識の丸暗記から脱却し、「英語のなぜ?」に答え、英語の核心を理解し英語の実力を身につける英文法の記事一覧。「英語は楽しい!」「わかった!」という感動を伝えていく。...