丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

準動詞の正しい英文解釈方法【精読したい人は必見です】

受験生
受験生
「なんとなく意味はわかるんだけど、下線部和訳とかになるとバツになってしまう。やはり、なんとなく文脈から考えて訳すというのは、ダメなのかなぁ。特に、to不定詞とかingとかp.p.など。でも、どうやって正確に訳せば良いんだろう?」

こういった疑問を解決します。

前回は、準動詞という考え方を紹介しました。
まだ読んでいない方は次の記事をご覧ください。

「準動詞」という考え方【頭が一気に整理されます】 こういった悩みを解決します。 本記事の内容 ・準動詞とはなんなのか ・準動詞の表で知識を整理 も...

準動詞という考えを持つことで、今までバラバラだった英文法が実は準動詞という1つのグループであることがわかり、かなり整理されたと思います。

そして、そうやって整理される以外にも、まだ利点は多いという話もしていきました。今回、その利点の1つである英文解釈の方法について紹介していきます。

【1】正しい解釈の方法

いきなりですが、問題です。次の英文を日本語に訳してみてください。

[問題]
I like to play basketball.

 

答えは…
「僕はバスケットボールをすることが好きだ

「いや、簡単過ぎでしょう」と思った人も多いはずです。おそらく、これを読んでいる読者の全員が正解したのではないでしょうか?

しかし、正しいやり方で解釈している人は、おそらく1%にも満たないと思います。みなさんは、この英文を次のように考えて日本語にしたのではないでしょうか?

英文を全体的にみて、「to play basketball」の部分は「バスケットボールをすること」って訳せそうだ。うん、てことは名詞用法だな、一応…。答えは「僕はバスケットボールをすることが好きだ」

どうでしょうか?このように考えて訳した人がほとんどだと思います。事実、予備校で教えていて、殆ど全員がこのように考えています。

しかし、この考え方は危険です。今回のような簡単な英文であれば、それでいいかもしれませんが、もっと英文が長く難しくなった時に、「全体を見て…」なんて、やっていられませんよね。

では、正しい考え方とはなんなのか?それが次のような考え方です。

 I like to play basketball.

I がS(主語)で、likeがV(動詞)で、to play basketball が O(目的語)だな。

Oは名詞だから、to play basketball は名詞用法だ!

to不定詞の名詞用法は、「〜すること」だから…

「僕はバスケットボールをすることが好きだ」

これが正しい英文解釈の方法です。つまり、「目的語の位置→名詞用法→〜すること」っていう、この流れで考えることが大切です。

「目的語の位置→名詞用法→〜すること」

このように、きちんと文型をとって考えていけば、どんな複雑で長い英文だろうと正確に訳すことができるのです。

そう考えると、やはり構文把握をきちんとできることは非常に大切です。単語をくっつけて訳そうとすれば、エネルギーと時間を無駄に消費しますし、間違いなく精度が下がります。

今回は英文法の話なので、構文把握については詳しくはできませんが、改めて、また別のところでがっつりと説明していきたいと思っています。

【2】ingやp.p.の用法の見分け方も同じ

先の例は、to不定詞について解説しました。でも、これがingの時だろうとp.p.の時だろうと考え方は変わりません。

まずは文型をとって品詞を特定して、そこから正しい訳を持っていくのです。論より証拠ということで、問題で確認してみましょう。

[問題]
My dream is being a doctor.

今回も簡単な英文なので、なんとなく全体を見て訳せたと思いますが、正しい解釈の方法は次の通りです。

SVCの第2文型であることを確認。

being a doctor.はCだから名詞用法。

よって、「ingの名詞用法(動名詞)」は「〜すること」って訳すので…

「私の夢は医者になることです。」

このように、考え方はto不定詞の時と同じなんです。まずは、最初に文型をしっかりと取ることが大切なのです。

学校では、to不定詞の3用法の見分け方をたくさんやったと思います。でも、ingやp.p.ってあまりやった覚えがないと思います。

それもそのはず。なんせ、それぞれ違う時期に教わってしまって、それぞれが別々の文法と教わってしまっています。

そして、動名詞の勉強をしているときは、あたり前のように「〜すること」って訳し、分詞構文のときは当たり前のように「〜するとき」って訳します。

でも、試験本番では、分野が特定して出されるなんてことはありません。ランダムで登場してくるのです。

その時に、しっかりと見分ける力が必要になってきます。その見分ける方法をより正確にするために、文型をきっちりと取る必要があるのです。

【3】☆ まとめ ☆

「目的語の位置→名詞用法→〜すること」