丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【TOEIC】リスニングをひたすら聞く聞き流し作戦【効果的な方法あり】

TOEIC学習者
TOEIC学習者
「リスニングをひたすら聞くのは効果があるのだろう?だれか専門家の意見を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

✔本記事の内容

・リスニングの聞き流し【結論は効果ありです】

・効果的な聞き流し方法【3つ紹介します】

この記事を書いている僕は、大学受験の英語予備校講師として10年以上指導。現在は、TOEICの勉強・研究に力を入れており、TOEIC満点を取得しています。

TOEICのリスニングをひたすら聞く聞き流し作戦

結論から言うと、TOEICのリスニングをひたすら聞く聞き流しは効果ありです。

ひたすら聞くことで、英語のリズムに慣れることができます。

それに、TOEICのパターンを覚えることができるし、何もやらないよりは、聞き流しでもやったほうが良いですよね。

リスニングの聞き流しの効果的な方法

結論から言うと、次の通り。

・TOEIC公式問題集を使う

・1.3〜1.5倍速で聞き流す

・歩きながら聞き流す

上記のとおり。

ひとつひとつ説明していきますね。

TOEIC公式問題集を使う


聞き流しに使う教材は、「TOEIC公式問題集」が良いです。

理由は、本番の試験に最も近いからです。

覚えるくらいに、ひたすら聞く教材は、出来るだけ本番の試験に近い方がいいに決まっていますよね。

実際、僕はTOEIC公式問題集を1000回以上は聞いているかもしれないです。これくらい聞いていると、もはや、自然と覚えちゃう感じです。

1.3〜1.5倍速で聞き流す

2つ目の効果的な方法は「1.3〜1.5倍速で聞き流す」です。

理由は、本番の試験がゆっくり聞こえるようになるからです。

実際、普段から倍速で聞いていると、本番の試験がスローモーションに聞こえます。

ちなみに1.5倍速以上だと、音が壊れてしまうので、1.3〜1.5倍速がおすすめです。

歩きながら聞き流す

3つ目の効果的な方法は、「歩きながら聞き流す」です。

理由は、「眠くならないから」です。

机の上で同じ音声を聞き流していると、さすがに眠くなります。でも、歩きながらだと、脳が活性化して眠くなりません。

実際、僕は家から駅まで20分くらい歩くので、そこで聞き流しています。さらに1.5倍速で聞いているので、およそ1周をできてしまう計算です。

おわりに

以上、「TOEICのリスニングの聞き流し」について解説していきました。

ここまでをまとめましょう。

・ひたすら聞く聞き流しは効果あり

・英語のリズムに慣れたり、パターンを体に染み込ませることができるから

・TOEIC公式問題集を使う

・1.3〜1.5倍速で聞き流す

・歩きながら聞き流す