丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【TOEIC 対策】暗示表現の英単語を徹底解説します

英語学習者
英語学習者
「TOEIC試験で、特に着目すべき英単語について知りたいです。」

こういう疑問に答えます。

✔本記事の信頼性

・大学受験の予備校講師として15年以上指導。

・TOEICの勉強・研究に力を入れており、TOEIC満点を取得。

・TOEIC-CAMPの運営者。

本記事を読めば試験で着目すべき単語に気づき、効率よく設問に答えていくことができると思います。

パンダ君
パンダ君
では、はじめましょう。

【1】TOEICに出る「暗示表現の英単語」とは?

暗示を表す英単語とは「後で変わる可能性があることの含みを持つ英単語」のことです。

たとえば、currently「現在は」。「あくまで今現在は15:00に開催予定」だけど、もしかしたら「あとで変わるかも」ってことを暗示させます。

このような「暗示の英単語」に着目することで、ずっとスムーズに英文を読み進めていくことが可能になります。

【2】TOEICに出る暗示表現

1.currently 「現在は」

あとで変更される可能性を暗示させる表現です。「あくまで今現在は15:00に開催予定」だけど、飛行機の遅れの関係で「18:00に変更されるかも」って話です。

[覚え方]
curは「走る」って意味で、「今走っている」矢印右︎「現在は」って意味になりました。ちなみに、currencyは「今流通しているもの」矢印右︎「通貨」って意味です。

2.previously 「以前は」

「以前は〜だった」けど「今は違う」を暗示する表現です。

[覚え方]
preは「前」って意味で、他には、predict「予言する」やpreview「下見する」などがあります。

3.provisionally 「暫定的に」

あくまで「暫定的に〜」なので、「あとで変わるかも」の暗示です。この場合、TOEICでは、あとで変わるのがほとんどです。

[覚え方]
provide「供給する」って意味なので、「一時的に供給される」矢印右︎「暫定的に」って意味になります。

4.tentative 「仮の」

あくまで「暫定的に〜」なので、「あとで変わるかも」の暗示です。 ︎provisionallyと同様で、この場合、TOEICでは、あとで変わるのがほとんどです。

[覚え方]
temporary「一時的な」から覚えると良いです。

5.weather permitting 「天気が良ければ」

「天気が悪ければ変更される可能性がある」ことを暗示しています。たとえば、Part7の選択肢に「このイベントは必ず7月5日に開催される」とあれば、この選択肢は間違いになります。

[覚え方]
permitは「許す」って意味なので、weather permitting「天気が許せば」矢印右︎「天気が良ければ」って意味になります。

【3】おわりに

以上、「TOEICに出る暗示表現」を紹介していきました。

この暗示表現に着目することで、「後で変わるかもなぁ」って感じ、疑いながら読むことができます。

さらには、このような部分は設問で問われやすいので、こういう単語に着目できると良いですね。

では、今回はここでおしまいです。

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログ・Twitterで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。