幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
未分類

現在形は現在を表さない⁉︎

  【1】現在形は「いつも変わらないこと」

 

パンダ君
パンダ君
今日は現在形についてやっていきましょう。
オオカミ君
オオカミ君
おう!なんか簡単そうだな!
パンダ君
パンダ君
現在形は「現在のこと」を表しません。
オオカミ君
オオカミ君
えっ!?じゃあ、いつのことを表すんだ?
パンダ君
パンダ君
実は過去・現在・未来のことすべて表すんです。つまり「いつも変わらないこと」ですね。

 

現在形は「いつも変わらないこと」  

 

オオカミ君
オオカミ君
そんなばかな?現在形って名前だろ?
パンダ君
パンダ君
確かに「現在形」って文法名だけ見ると、いかにも今現在を表しそうですよね。でも、過去現在未来いつも変わらない場合に現在形が使われるんです。
オオカミ君
オオカミ君
う~ん…。
パンダ君
パンダ君
例文で確認していきましょう。

 

I go to school.

「私は学校に行きます」

 

パンダ君
パンダ君
今現在のことではありませんね。「昨日も今日も明日もいつも変わらず学校に行く」、つまり「学生」って言いたいんです。
オオカミ君
オオカミ君
 なるほど。
パンダ君
パンダ君
だから、別に夜中の2時に“I go to school.”って言ってもいいんですよね。
オオカミ君
オオカミ君
確かに。今現在のことじゃないからな。
パンダ君
パンダ君
ちなみにこれを学校では「現在の習慣」と教わります。
パンダ君
パンダ君
もう一つ例を見てみてみましょう。

The sun rises in the east.

「太陽は東から昇る」

 

パンダ君
パンダ君
これも今現在太陽が東から昇っているわけではありません。いつも変わらずに太陽は東から昇っているってことを表しているんです。
オオカミ君
オオカミ君
これも夜中の2時に言ってもいいわけだ。
パンダ君
パンダ君
そうですね。ちなみにこれを教科書的な説明だと「不変の真理」と教わります。
オオカミ君
オオカミ君
なるほどな。現在形≠現在ってわけだ。
パンダ君
パンダ君
そうですね。だから文法名前のセンスがあまりよくないと思うんです。いつも変わらないこと形」とか「過去現在未来形」とかの方が直感的にわかると思うんですが、僕の力ではどうしようもできません。
オオカミ君
オオカミ君
パンダ君にもっと力があればなぁ。
パンダ君
パンダ君
 また、「現在の習慣」だとか「不変の真理」などと現在形をわざわざ分類する必要はありません現在形は「いつも変わらないこと」だけでOKです。

【2】現在形で未来を表せる

 

パンダ君
パンダ君
現在形で未来を表すことができます。例文で確認しましょう。

The train starts at 5 tomorrow.

「電車は明日、5時に発車する」

 

オオカミ君
オオカミ君
なるほど。未来のことだけど、現在形のstartsが使われているな。
パンダ君
パンダ君
 これを学校だと現在形の例外だと教わってしまいます。
オオカミ君
オオカミ君
あぁ、そういえば、そう教わった気がするな。
パンダ君
パンダ君
でも、実は現在形の核心から考えれば、例外じゃないんです!
オオカミ君
オオカミ君
えっ!そうなのか!?
パンダ君
パンダ君
 電車の時刻って昨日も今日も明日も変わりませんよね。昨日は4:55で今日は5:05で明日は5:00なんてことありませんよね。いつも変わらずに5:00に発車するんですよね。
オオカミ君
オオカミ君
なるほど。いつも変わらないことだな。
パンダ君
パンダ君
そうなんです。だから、未来のことでも現在形が使われるんです。
オオカミ君
オオカミ君
わざわざ、例外として別で覚える必要がないわけだな。
パンダ君
パンダ君
このように英文法は核心から考えていくことで、実は例外と呼ばれるものは、単なる核心の延長線上にあるものに過ぎないことに気づけるんです

【3】英会話表現にも応用

 

パンダ君
パンダ君
よく「大学受験の英文法なんて、日常の英会話では役立たない」なんて批判を受けたりします。でも、そんなことはありません!しっかりと学べば役立ちます。論より証拠ということで、例を見ていきましょう。

What would you do?

パンダ君
パンダ君
これで「あなたのお仕事は何ですか?」って意味になるんです。少し意外ですよね。
オオカミ君
オオカミ君
えっ???まったく意外だな。
パンダ君
パンダ君
jobとかworkって単語がありませんからね。 直訳しても「あなたは何をしますか?」で、ここからさすがに「お仕事何?」は無理矢理過ぎですよね。結果、学校教育の必殺技「覚えちゃえ」で丸暗記を強いられてしまいます。
オオカミ君
オオカミ君
う~ん、学校は丸暗記ばかりだな・・・
パンダ君
パンダ君
でも、現在形の核心から考えれば、丸暗記は不要です。
オオカミ君
オオカミ君
ほう???
パンダ君
パンダ君
現在形は「いつも変わらないこと」でしたよね。そして、最初のdoは現在形ですよね(過去形だったらdidになっているはずで す)。よって、現在形を強調して改めて直訳すると…あなたは昨日も今日も明日もいつも変わらずに何をしていますか?って意味になります。
パンダ君
パンダ君
すると普通大学卒業して昨日も今日も明日もしていることってなんでしょうか?
オオカミ君
オオカミ君
あっ、なるほど!「仕事だ!」
パンダ君
パンダ君
そうなんです!だから「お仕事何?」って意味になるんです。
オオカミ君
オオカミ君
なるほど~、確かに丸暗記不要だな。

 

パンダ君
パンダ君
最後に次の意味はなんでしょうか?

What do you do for fun?

オオカミ君
オオカミ君
う~ん、これも現在形を意識して直訳するとあなたは昨日も今日も明日もいつも変わらず楽しみのために何をしますか?」「趣味は何?」って意味かな?
パンダ君
パンダ君
その通りです! このように英文法は英会話表現にも応用できるんです。
☆ まとめ ☆

・現在形は「いつも変わらないこと」

・What do you do ?:「お仕事何?」