丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英単語】deの語源から27個の英単語を覚える

【1】英単語〈de〉の語源

結論から言うと、〈de〉の語源は「下」と「離れる」と「否定」と「強意」です。

〈de〉の語源:「下」と「離れる」と「否定」と「強意」

〈覚え方〉
decrease「減少する」はincrease「増加する」の下バージョンです。

【2】語源〈de〉から覚える英単語(「下」)

ここでは、〈de〉が「下」の意味になる英単語を紹介していきます。

1.decline​​「衰退する」​​​​​​

2.depression​​「憂鬱、不景気」​​​​​

3.deposit​​「預金」​​​​​​

4.degrade​​「悪化させる」​​​​​​

5.despise​​「軽蔑する」​​​​​​

6.descend「下る」

7.deteriorate「悪化させる」

8.deficient「不足した」

9.depend「依存する」

10.describe「描写する」

11.desire「願望」

12.despite 「にも関わらず」

13.degrade 「価値や地位などが落ちる」

上記のとおり。
ひとつひとつ説明していきますね。

1.decline​​「衰退する」​​​​​​

「下に(de)+傾く(cline)」→「衰退する」って意味になりました。

※clineは「傾く」です。リクライニングシート(reclining seat)は「後ろに傾くイス」ですよね。

2.depression​​「憂鬱、不景気」​​​​​

「気持ちが下に(de)押されている(press)状態」→「憂鬱」って意味になりました。

3.deposit​​「預金」​​​​​​

「使わずに下に(de)置く(posit)」→「預金」って意味になりました。

4.degrade​​「悪化させる」​​​​​​

「グレード(grade)を下げる(de)」→「~を悪化させる」って意味になりました。

5.despise​​「軽蔑する」​​​​​​

「人を下に(de)見る(spise)」→「軽蔑する」って意味になりました。

6.descend「下る」

ascend「上がる」の逆ですね。

7.deteriorate「悪化させる」

-iorは比較を表す接辞です。

8.deficient「不足した」

efficientと同じ語源を持ちます。

9.depend「依存する」

〈de-「下へ」+pend「ぶら下げる」〉→「依存する」って意味です。

※ pend「ぶら下げる」について。ペンダント(pendant)は首からぶら下げるものですよね。

10.describe「描写する」

〈de-「下へ」+scribe「書く」〉→「描写する」って意味です。

※scribe「書く」を語源に使った英単語には、prescribe「処方する」やscript「脚本」などがあります。

11.desire「願望」

〈de-「下へ」+siren「星」〉→「星の下にもたらされるもの」→「願望」です。

12.despite 「にも関わらず」

〈de-「下へ」+spect「見る」〉→「にも関わらず」です。あまりピンと来ないかもしれませんが、「見下されているにも関わらず」って感じで、無理やりこじつける感じです。

※spect「見る」を語源に使った英単語には、expect「期待する」やinspect「検査する」などがあります。

【3】語源〈de〉から覚える英単語(「離れる」)

ここでは、〈de〉が「離れる」の意味になる英単語を紹介していきます。

1.decide「決断する」

2.decrease「減る」

3.dedicate「ささげる」

4.deny「否定する」

5.depart「出発する」

6.detail「詳細」

7.determine「決心する」

8.define「定義する」

上記のとおり。
ひとつひとつ説明していきますね。

1.decide「決断する」

〈de-「離れる」+cid「切る」〉→「他の選択肢を切り離す」→「決断する」って意味です。

2.decrease「減る」

〈de-「離れる」+crease「増える」〉→「減る」です。

※crease「増える」を語源に使った英単語には、create「つくる」やrecruit「採用する」などがあります。

3.dedicate「ささげる」

〈de-「離れる」+dict「話す」+-ate「する」〉→「話すことから離れて黙々とやる」→「ささげる」って意味です。

4.deny「否定する」

〈de-「離れる」+ne-「否定」〉→「否定して突き離す」→「否定する」です。

5.depart「出発する」

de-「離れる」に着目すればOKですね。

6.detail「詳細」

「細かく切り離されたもの」→「詳細」です。

※日本語でも「ディテールを話して」って感じで使われるようになってきたかなと思います。

7.determine「決心する」

〈de-「離れる」+term「終わり」〉→「色々な選択肢を離して迷うことを終わりにする」→「決心する」です。

※ term「終わり」を語源に使った英単語には、terminal「終点」やterminator「終わりにする人」などがあります。

8.define「定義する」

〈de-「離れる」+fin「境界を定める」〉
→「概念を言葉で切り離して境界を定める」→「定義する」です。

【4】語源〈de〉から覚える英単語(「否定」)

ここでは、〈de〉が「否定」の意味になる英単語を紹介していきます。

1.defeat「打ち負かす」

2.defect「欠陥」

3.dementia「認知症」

4.deploy「展開する」

5.detect「見つける」

上記のとおり。
ひとつひとつ説明していきますね。

1.defeat「打ち負かす」

「相手を否定する」→「打ち負かす」ですね。

2.defect「欠陥」

〈de-「否定」+fect「つくる」〉→「欠陥」です。

※fect「つくる」を語源に使った英単語には、factory「工場」やfiction「つくりもの」などがあります。

3.dementia「認知症」

〈de-「否定」+ment「考える」〉→「認知症」です。

※ ment「考える」を語源に使った英単語には、mental「精神の」やcomment「意見」などがあります。

4.deploy「展開する」

〈de-「否定」+ploy「折る」〉→「展開する」です。

※ploy「折る」を語源に使った英単語には、apply「適用する」やcomplex「複雑な」などがあります。

5.detect「見つける」

〈de-「否定」+tect「覆う」〉→「見つける」です。

※tect「覆う」を語源に使った英単語には、protect「保護する」などがあります。

【5】語源〈de〉から覚える英単語(「強意」)

ここでは、〈de〉が「強意」の意味になる英単語を紹介していきます。

1.debate「討論する」

〈de-「強意」+bat「たたく」〉→「討論する」です。

※ bat「たたく」を語源に使った英単語には、battle「戦い」やcombat「戦闘」などがあります。

2.deserve「やる価値がある」

〈de-「強意」+serv「仕える」〉→「やる価値がある」です。

いかがでしたか?

英単語は語源を使って覚えると、劇的に覚えやすくなります。さらには未知の英単語を推測することだって可能です。

このブログでは「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに発信していますので、ぜひ英語学習にお役立てればと思っています。では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ