丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英文法】独立分詞構文とは?【意味上の主語≠全体の主語】

【1】独立分詞構文とは?

結論からいきましょう。

独立分詞構文:意味上の主語≠全体の主語の場合に意味上の主語が残る場合の分詞構文。

例を挙げましょう。

As it was fine,we went on a picnic.

 × It being fine,we went on a picnic.

このように、it≠we なので、itは消さずに残します。このような分詞構文のことを独立分詞構文って言うわけです。

【2】独立分詞構文を問題で確認

[問題]
The bus ( ) late ,our meeting was delayed.
① being ② was ③ is

答えは…① beingです。

The bus ( being ) late ,our meeting was delayed.

The bus≠our meeting ですから、The busは消えずに残さないといけませんよね。

まぁ、独立分詞構文を説明したあとだったのでできた人も多いでしょう。しかし、何も説明なくいきなりこの問題を解くとしたらどうでしようか?結構、② wasを選んでしまう人が多いんですよね。

さて、なぜ② wasではダメなのでしょうか?実は英語の重要なルールに次のようなものがあります。

Vの数ー1=接続詞・関係詞の数

最初にこれを説明すると、「英語なのに数学みたいな」と生徒が嫌そうな顔をするんです。でも、英語を学ぶ上でこのルールを避けては通れません。

さて、今回もし② wasを入れてしまうと…
動詞が2つになってしまいますよね。すると2ー1で接続詞・関係詞が1個必要なんですよ。しかし、明らかにありませんよね。よって、( )には動詞を入れるわけにはいかないわけです。

【3】おわりに

以上、「独立分詞構文」について解説していきました。

いかがでしたか?

英文法は、読解も含めて英語の学習の最も基本となります。

英文法の勉強で大切なことは、参考書を理屈抜きに丸暗記するのではなく、きちんと理解しながら、学んでいくことです。英文読解も結局のところ、問われるのは基本的な英文法の理解です。

ちなみに、この理解して英文法を学ぶのに、「スタディサプリ」という動画の授業がおすすめです。14日間無料体験ができて、いつでも解約可能なので、ぜひ試してみてください。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね