丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

prepareとprepare forの違いは?

【1】prepareとprepare forの違いは?

prepareは自動詞と他動詞があり、それぞれの違いは次のとおりです。

・prepare:「〜を準備する」

・prepare for:「〜に備える」

上記のとおり。

ちょっとわかりづらいかもなので、例文で確認していきましょう。

The teacher prepares a test.
(先生はテストの準備をする)

先生がテストを作成して、印刷したりしているイメージです。

The students prepare for a test.
(生徒はテストに備える)

テストのために、勉強をしているイメージです。

このようにprepareはそのものの準備であり、prepare forはそれに向けた準備となります。

ちょっと難しい話をすると、他動詞の場合は目的語に直接影響を与えるイメージであり、forの核心は「意識の向く先」なので、テストに意識
を向けて学習しているイメージです。

【2】☆ まとめ ☆

・prepare:「〜を準備する」

・prepare for:「〜に備える」

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。