幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
自信を持つ思考

受動態の時制は足し算するだけ

【1】足し算するだけ

 

受動態の時制とは次の3つのことです。

 

① 受動態の進行形〈be+being+p.p.〉
② 受動態の完了形〈have+been+p.p.〉
③ 受動態の助動詞〈助動詞+be+p.p.〉

 

これらを覚えるのは大変ですよね。

でも、丸暗記をする必要はありません。

それぞれを足し算すればOKです。

 

論より証拠ということで、ひとつひとつ説明していきましょう。

 

 

【2】受動態の進行形〈be+being+p.p.〉

 

これは、進行形〈be動詞+〜ing〉と受動態〈be動詞+p.p.〉を足し算するだけです。

すると、〈be動詞+being+p.p.〉になるんです。

 

能動態:He is cutting the cake now.

受動態: The cake is being cut by him now.
「そのケーキは、今彼によって切られています。」

 

 

【3】受動態の完了形〈have+been+p.p.〉

 

これは、完了形<have+p.p.>と受動態<be+p.p.>を足し算するだけです。

結果、<have+been+p.p.>になります。

 

能動態:He has finished the work.

受動態:The work has been finished by him.
「その仕事は、彼によって終えられた。」

 

 

【4】受動態の助動詞〈助動詞+be+p.p.〉

 

これは、助動詞<助動詞+原形>と受動態<be+p.p.>を足し算するだけです。

結果、<助動詞+be+p.p.>になります。

 

能動態:Ken will buy the house.

受動態:The house will be bought by Ken.
「その家は、ケンによって購入されるでしょう。」

 

このように受動態の時制は、それぞれを足し算するだけでいいんです。

 

 

☆ まとめ ☆

受動態の時制は足し算するだけ