丸暗記英語からの、
脱却。
真の生きやすさを追求した
TOEIC

【TOEIC 勉強法】英単語を1ヶ月で1000単語覚える方法

TOEIC受験者
TOEIC受験者
「英単語がなかなか覚えれません。効果的な英単語の勉強法を知りたいです。」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・英単語を覚える際の3つのコツ

・TOEIC英単語を1ヶ月で1000単語覚える勉強法

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。現在はTOEICの勉強・研究を中心に力を入れています。

【1】TOEIC英単語の勉強法の3つのコツ

TOEICの英単語勉強法のコツは、次の3つです。

・リアリティのある英単語を増やす

・英語→日本語1つのみ覚える

・見て覚える

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・リアリティのある英単語を増やす

英単語は大きく「リアリティのある英単語」と「リアリティのない英単語」に分かれます。

「リアリティのある英単語」とは、「一度で覚えれる」英単語のことです。

そんなものがあるのか?と思うかもしれません。
論より証拠ということで、具体例を挙げましょう。

book「予約する」

実は、bookには「予約する」って意味があるんです。このままだと、まだ「リアリティのない英単語」ですね。
でも、次のような説明を加えたらどうでしょうか?

ダブルブッキング(double-booking)は、二重に予約することですよね。

どうでしょうか?book「予約する」がリアリティのある英単語に変わったのでは、ないでしょうか?

このような英単語をいかに増やしていくかが大切です。
その理由は次の2つです。

・1度で覚えることができる

・楽しんで勉強することができる

この1度で覚えれるというのは、かなり大きいですよね。その分の時間を文法やリスニングやリーディングの時間に回すことができるんです。

なので、「リアリティのある英単語」をいかに増やしていくかが大切です。

・英語→日本語1つのみ覚える

英単語の効率的な勉強法は、「英語→日本語1つ」のみを覚えることです。

なぜならば、「日本語→英語」で覚えるよりも、エネルギーが4分の1くらいになるからです。

また、1つの日本語だけで十分です。
一度に複数のことを覚えようとすると、一気に覚えられなくなります。
なので、1つの日本語だけ覚えればOKです。

最近の英単語帳は、同意語や例文や複数の意味など、色々なことが書かれ過ぎです。

なので、英単語の効率的な勉強法は、「英語→日本語1つ」のみを覚えることです。

・見て覚える

3つ目の効率的なTOEIC英単語勉強法は、「見て覚える」です。

なぜならば、書いて覚えるよりも見て覚えた方が、時間がかからないからです。
書くのが5秒だとしたら、見るのは1秒です。
これだけ違うのです。

それにTOEICでは、英語を書かせるような問題は出ないので、スペルを正確に書けるようにする必要もありません。

なので、効率的なTOEIC英単語勉強法は、「見て覚える」です。

以上、TOEIC英単語の効率的な勉強法を紹介していきました。

ここまでをおさらいすると…

・リアリティのある英単語を増やす

・英語→日本語1つのみ覚える

・見て覚える

【2】1ヶ月で1000のTOEIC英単語覚える勉強法

1ヶ月で1000個のTOEICの英単語を覚える勉強法は、5日間で英単語帳を1周し、それを6回繰り返す方法です。

5日間で1周×6回=30日間

具体的には、次のように進めていきます。

1日目:1〜200覚える

2日目:201〜400を覚える

3日目:401〜600を覚える

4日目:601〜800を覚える

5日目:801〜1000を覚える

6日目:1〜200を覚える

7日目:201〜400を覚える

29日目:601〜800を覚える

30日目:801〜1000を覚える

このように、5日間で英単語帳を1周し、それを6回繰り返す方法です。

なぜ、この方法をお勧めするのかと言うと、覚えるかどうかは、どれだけ短期間で複数回触れるかどうかが大切だからです。

・よくある質問:どの英単語帳を使えばいい?

「TOEICの英単語帳はたくさんあるけど、どんな英単語帳を使えばいいの?」といった疑問があると思います。

結論を言うと、「TEPPAN英単語」がおすすめです。


なぜ、この英単語帳がおすすめなのか?

一番の理由は、「リアリティのある英単語」が書いてあるからです。

各英単語に対して、記憶エピソードが書いてあり、ただ闇雲に覚えるよりも、ずっと記憶に残りやすいです。

実は、先に説明した「リアリティのある英単語」について書いてある英単語帳は、ほとんどありません。

というか、唯一書いてあるのが「TEPPAN英単語」です。

なので、使うべき英単語帳は、「TEPPAN英単語」がおすすめです。

【3】まとめ

・リアリティのある英単語を増やす

・英語→日本語1つのみ覚える

・見て覚える

・5日間で1周×6回=30日間

・「TEPPAN英単語」を使う