幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
未分類

過去完了形はコピペするだけ

【1】現在完了形のおさらい

前回の記事で現在完了形について説明しました。まだ見ていない人は、こちらからご確認ください。

イメージ1つで現在完了形の3つの用法を貫く必殺技【1】日本語にはない時制 今回は現在完了形について説明していきます。ここも従来の指導だと現在完了形の3つの用法の丸暗記を強いられてきた...

【2】過去完了形は現在完了形のコピペ

パンダ君
パンダ君
過去完了形〈had +p.p.〉も現在完了形と同様に、3つの用法(継続、完了・結果、経験)があります。ここでは、その話はとりあえず置いといて、過去完了形のイメージから説明していきます。
オオカミ君
オオカミ君
そうなのか。
パンダ君
パンダ君
これはすごい簡単です。というのも、過去完了形は現在完了形のイメージを過去にコピペするだけだからです。

   〈過去完了形のイメージ〉

大過去———————→過去

 

パンダ君
パンダ君
現在完了形では矢印の先を今現在の一点に向けましたが、過去完了形では過去の一点に向けるだけです。論より証拠ということで、例文で確認していきましょう。

   I had lived in Tokyo for three years when he was born.
「彼が生まれた時には私は3年間東京に住んでいた」

大過去-------→彼誕生

パンダ君
パンダ君
彼が生まれるまで3年間東京に住んでいたという継続を表していますよね。
オオカミ君
オオカミ君
そうだな。
パンダ君
パンダ君
   過去完了形はこのイメージをおさえれば、OKなので、他の完了・結果、経験の用法は割愛させていただきます。
オオカミ君
オオカミ君
了解!
パンダ君
パンダ君
   過去完了形はあまり重要ではないイメージを持っている人が多いのですが、そんなことはありません。小説で頻繁に目にします。というのも、小説とかでは主に過去の話が中心になることが多いので、それ以前のことは過去完了形で示すんです。

☆まとめ☆

・過去完了形は現在完了形のコピペ