幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
講師・教師

できるだけ短い時間でやる

 

短い時間でやる

 

あなたは長くやればいいと思っていませんか?

 

そんなあなたへ贈る気づきの言葉

 

『できるだけ短い時間でやる』

 

 

サクサク進める

 

現代人の々は無駄な時間を我慢できません。

長々と説明していたら飽きて、次へ行ってしまうのです。
サクサク進めていくことです。

 

 

「結論→例文→理由」

 

僕は予備校では、無駄な時間を与えないようにしています。

「結論→例文→理由」を基本に指導しています。
そうすることで、生徒は飽きることなく聞いてくれます。

 

この記事だってそうです。
なるべく短く書くようにしています。
結論からスタートさせることで、読者の無駄な時間を奪わないようにしているんです。

 

 

これからは…

『相手の時間を奪わない』