丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【スタディサプリTOEIC】テキストは購入すべき?【英語講師が解説します】

【1】スタディサプリTOEICのテキストの概要

テキストの種類は次の3種類です。

・パーフェクト講義(全4冊)

・パーフェクト講義 英文法編(全2冊)

・実践問題集(10冊)

上記のとおり。

・パーフェクト講義

リスニングPartセットとリーディングPartセットで、それぞれ2,200円(税抜)です。

リスニングセットは、part1と2の1冊/part3と4の1冊です。

・パーフェクト講義 英文法編(全2冊)

教材2冊セットで2,200円(税抜)です。

英文法編の45項目が全て載せてあります。

・実践問題集(10冊)

1冊1,200円(税抜)です。本番と同じ形式の問題で、マークシートも付いています。

【2】スタディサプリTOEICのテキストのメリット

スタディサプリTOEICのテキストを購入するメリットは次のとおり。

・書き込みをすることができる

・復習しやすい

・目に優しい

・試験本番と同じ状態で問題を解ける

・薄い

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・書き込みをすることができる

TOEIC購入のメリットの1つ目は、「書き込みをすることができる」です。

というのも、スマホの画面だと書き込みすることができないです。動画の解説や気づいたことをメモしていくのが学習というものです。

実際、僕はテキストを購入して大切だなと思うところにマーカーをしたり、自分の気づきを書き込んだりしています。

なので、テキストを購入して書き込みをすることは有益です。

・復習しやすい

2つ目のメリットは「復習しやすい」です。

理由は、テキストで書き込みをしたものを復習したほうが効果的だからです。スマホだけだと復習の頻度が下がるものです。

実際、僕はテキストを頻繁に復習することで、自分のものにすることができました。

なので、復習をしっかりとやりたい人はテキストを購入した方が良いかもです。

・目に優しい

テキスト購入の3つ目のメリットは「目に優しい」です。

理由は、スマホの画面よりもテキストのほうが、圧倒的に目に良いです。

実際、スマホの画面だと小さいので、とりわけリーディングでは使いづらいです。

僕の場合は、リスニングはスマホでやっていますが、リーディングだけは設問を見ながら解いていくので、テキストを購入してやつています。

・試験本番と同じ状態で問題を解ける

4つ目のメリットは「試験本番と同じ状態で問題を解ける」です。

理由は、普段の練習から本番に近づけて取り組んでいくのは、学習の鉄則です。

実際、僕は普段の学習から時間を測ったりして、本番と同じ形式で挑むように工夫しています。

なので、スマホよりもテキストで学習した方が効果的です。

・薄い

5つ目のテキスト購入のメリットは「薄い」ってことです。

というのも、TOEICのテキストは分厚いものが多く持ち運びに不便です。

一方で、スタディサプリTOEICのテキストは薄くて軽いので持ち運びに便利です。

≫ 【7日間無料】スタディサプリTOEICで新たな学習体験をしよう

【3】スタディサプリTOEICのテキストのデメリット

一方で、スタディサプリTOEICのテキストのデメリットは次のとおりです。

・お金がかかる

・場所を選ぶ必要がある

上記のとおり。

・お金がかかる

テキスト購入のデメリットは「お金がかかる」です。

1冊が1000円を越すので、全部買うとなると結構な値段になります。

なので、自分に必要なテキストだけ購入するのが良いかなと思います。

実際、僕はリーディングのテキストだけを購入しました。リスニングはスマホでうまくやることができるものの、リーディングはテキストのほうが圧倒的に見やすいからです。

こんな感じで、全部購入する必要はなしです。

・場所を選ぶ必要がある

2つ目のデメリットは「場所を選ぶ必要がある」です。

スマホだと、電車の中でもやろうと思えばやれるものです。でも、さすがにテキストを開くのはキツイです。

なので、喫茶店などで落ち着ける場所でやる必要が出てきます。

【4】スタディサプリTOEICのテキストの僕の意見

最後に、「スタディサプリTOEICのテキスト」に関して、僕の意見を書いていきます。

結論は、次のとおりです。

リーディングや実践問題集は購入した方が良いかも。

理由は、先に述べているとおり、リーディングはスマホだと解きづらいからです。

リーディングの場合、設問を見て本文で確認していくっていう作業が必要なので、テキストじゃないとやりづらいです。

実際、僕はリーディングだけテキストを購入しています。

あとは、実戦問題集は、いわば模擬試験みたいなものなので、テキストを購入するのも1つの手です。

ただし、全10回分あって、それを全部購入するとなると、1万円を超えてしまいます。なので、自分のやる分だけ購入するのが良いかなと思います。

僕の場合は、リスニングが苦手だったので、実戦問題集はリスニングだけやることにしていたので、実戦問題集のテキストは購入しませんでした。

【5】おわりに

以上、「スタディサプリのTOEICのテキスト」について解説していきました。

結論は、必要な分だけのテキストを購入して、うまくスマホと連動して勉強していくのが良いと思います。

≫ 【7日間無料】スタディサプリTOEICで新たな学習体験をしよう