丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【スタディサプリTOEIC】何点を目標の人が受ける?

「スタディサプリTOEICを使おうと思っています。でも、何点目標の人が使えるアプリなのでしょうか?だれか教えてください。」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・スタディサプリTOEICは600点〜990点に対応している話

・TOEICには、簡単な問題と難問が混在する理由

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。現在も「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。僕自身もスタディサプリTOEICを利用しています。

【1】スタディサプリTOEICは何点目標か

スタディサプリTOEICは、600点〜990点に対応しています。要は、すべてのレベルの人が使えるアプリです。

その理由は次の通りです。

・目標点数別の英単語機能

・初級者/中上級者レベルに対応した学習計画

・わかりやすく、目からウロコの動画講義

上記の通りですが、一つ一つ説明していきます。

・目標点数別の英単語機能

スタディサプリTOEICでは、次のように目標点数別に、覚えるべき単語が指示されています。

600点:1~750語
730点:751~1090語
860点:1091~1320語
990点:1321~1410語

このように、600点〜990点と自分が何点を目標にするかを、目処に決めていきます。

注意点としては、例えば、目標点数が990点だからと言って、「1321〜1410」だけやるのではなく、「1〜1320」もやっておくことです。意外と知らなかった単語があるとマズイですからね。復習の意味も込めてやっておきます。

英単語の勉強方法に関しては、次の記事で詳しく書いているので、ご参照ください。

スタディサプリTOEICの英単語機能はチェック用として使うスタディサプリTOEICの英単語機能について知りたいですか? 本記事では、スタディサプリTOEICの英単語機能について紹介しています。 スタディサプリTOEICを使って英単語を勉強する人は必見です!...

・初級者/中上級者レベルに対応した学習計画

スタディサプリTOEICでは、初級者と中上級者に分けて、学習計画方法を指示しています。初級者と中上級者の基準は次の通りです。

・初級者レベル:TOEIC600点未満 or 英語に苦手意識がある人

・中上級者レベル:TOEIC600点以上 or 英語に自信がある人

上記を基準に、次のようにスタディサプリTOEICでは、推奨されています。

[初級者レベル]

[中・上級者レベル]

基本的には、上記に従って進めていきます。

ただ、個人的な意見として、たとえ上級者でも英文法の講座は受ける価値があると思います。というのも、たとえ上級者でも目からウロコの役立つ知識が満載だからです。

英文法に関して、詳しく知りたい方は次の記事もご参照ください。

スタディサプリTOEICの英文法は素晴らしいスタディサプリTOEICの英文法について知りたいですか? 本記事では、スタディサプリTOEICの英文法を紹介しています。 スタディサプリTOEICを使って英文法を勉強する人は必見です!...

・わかりやすく、目からウロコの動画講義

スタディサプリTOEICの講師は関正生さんです。初心者にもわかりやすく、上級者にとっても目からウロコの知識を与えてくれます。

まずは関正生講師のプロフィールを確認しましょう。

スタディサプリ講師。慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。
TOEICはほぼ全ての公開テストを受験し、問題分析や傾向変化を研究。
990点満点を取得しつづけている。2016年からの新形式問題でも満点取得済み。
著書「世界一わかりやすいTOEICテストの授業」などの「世界一わかりやすい」シリーズは累計80万部突破のベストセラーとなり、多くの世代の学習者に読み継がれている。
過去教鞭をとった予備校では、250人教室満席、朝6時からの整理券配布、立ち見講座、1日6講座全席満席なども。

※参照元:スタディサプリTOEIC公式ページ

上記の通り、実力のある講師です。

言葉だけでは、なかなか伝わりませんね。論より証拠ということで、動画も載せておきますね。

※引用元:スタディサプリ公式サイト

関正生講師について、詳しく知りたい方は次の記事をご参照ください。

スタディサプリTOEICの関正生講師とは?スタディサプリTOEICの関正生講師について知りたくありませんか? 本記事では、スタディサプリTOEICの関正生講師について解説していきます。 スタディサプリTOEICの関正生講師について知りたい人は必見です!...

以上、スタディサプリTOEICは何点を目標に取る人でも、対応しています。



【2】TOEICはすべての人が同じ試験を受ける

補足として、もう一つ書いておきます。それは「TOEICはすべてのレベルの人が同じ試験を受ける」ということです。

これは英検とは全く異なります。英検だと目標の級数によって、受ける試験が異なります。例えば、英検1級を取りたい人は一級の試験を受け、英検4級を取りたい人は4級の試験を受けます。

でも、TOEICはみんな同じ試験を受けるのです。そうすると、どういうことが起きるかと言うと、簡単な問題と難しい問題が混在するのです。

そうです!みんなが同じ試験を受ける以上、全部簡単な問題にしてしまうと、実力者は余裕で満点です。一方、全部難しい問題にすると、英語ができない人は0点(存在しませんが…)ばかりです。

このような理由から、TOEICは簡単な問題と難問が混在します。そういうわけで、スタディサプリTOEICは、何点を目標にしようが、基本的には同じ対策をしていくことになるんです。

【3】さいごに

「スタディサプリTOEIC 何点を目標?」について話をしていきました。

ここまでのおさらいです。

・スタディサプリTOEICは600点〜990点のすべてのレベルに対応

・目標点数別の英単語の学習機能

・初級者/中上級者、それぞれに対応した学習計画

・関正生講師によるわかりやすい講義

・TOEICはすべてのレベルの人が同じ試験を受ける

スタディサプリTOEICは、非常に内容が充実しています。継続できる仕組みがうまくできていて、多くの人が結果を出しています。

ぜひ、皆さんも、スタディサプリTOEICを活用して、目標点数を獲得してください。