丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【成功する】スタディサプリTOEICのシャドーイング5つの秘密

「スタディサプリTOEICを使おうと思っています。リスニングはシャドーイングが良いって聞いたことがあるけど、どうやればいいのでしょうか?」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・シャドーイングをやる理由【リスニング向上など】

・シャドーイングをするときのポイント【イヤホンを使うなど】

・注意点

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。現在も「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。また、スタディサプリTOEICの愛用者でもあります。

【1】スタディサプリTOEICのシャドーイング

スタディサプリTOEICにおいても、シャドーイングが推奨されています。

前提として、シャドーイングとは何なのか?について、確認しておきましょう。

シャドーイング:「 聞こえてきた英語に少し遅れて正確に再現する勉強法」

上記の通りです。

スタディサプリTOEICでは、具体的なやり方が、動画で解説されています。

では、なぜシャドーイングをするべきなのか、その理由を確認していきましょう。理由を知っている方が、継続できますからね。

シャドーイングをする理由は、次の5つです。

①リスニング力が向上する

② 発音・リズムが身につく

③ 英語力がつく

④ 眠くならない

⑤ スピーキング力がつく

上記の通りです。

1つ1つ説明していきますね。

①リスニング力が向上する

シャドーイングをすると、リスニング力が向上します。

なぜか?

シャドーイングするには、完全に聞き取る必要があります。そうじゃないと発音できませんからね。

結果的に細かなところまで、完全に聞き取ろうとするクセがつくんです。

事実、Twitter上には、次のような、シャドーイングでリスニング力が向上したという意見は多いです。

スタディサプリを使って、得点が爆上げしましたが、その1つの理由は、シャドーイングのおかげだと思っています。シャドーイングすると、本当にリスニング力が上がるのですね。最初は、「本当なのか?」って思っていましたが。

② 発音・リズムが身につく

シャドーイングをすると、発音・リズムが身につきます。

発音やリズムは、説明されて学ぶようなものではありません。実際に、自分で発音しながら学んだ方が早いんです。

TOEICはスピーキングがないから、「発音・リズム」は関係ないと思うかもしれませんが、「発音・リズム」を知っている方が、より聞き取りやすくなるんです。

実際、「ボタン(button)」は「バロン」みたいに発音されたりします。こういうのがわからないと、ボタンって気づけないですよね。

③ 英語力がつく

シャドーイングをしていると、自然と次のような英語力が付きます。

・英単語/英熟語力

・英文法

・英語構文

・TOEICのパターン

上記の通りです。

なぜ、このような英語力が身につくのか?

完璧になるまで繰り返すことで、上記の英語力が頭に染み込んでいくんです。

実際、スタディサプリTOEICでは、完全にシャドーイングできるようになるまで、何回も何回も繰り返すよう説明しています。

④ 眠くならない

シャドーイングをする事で、眠くなりません。

実際、ただ聞いているだけだと、どうしても意識が違う方向に行ってしまい、眠くなってきます。

でも、シャドーイングをしていると眠くなりません。これは次の理由からです。

リスニング:受動的な行為

シャドーイング:能動的な行為

上記の通りです。

⑤ スピーキング力がつく

シャドーイングをすると、当たり前ですが、スピーキング力が付きます。なんせ、同じように発音するわけですからね。必然ですよね。

もちろん、TOEICには、スピーキングのテストはないので、気にする必要はありません。

でも、TOEIC高得点で、英語が話せなかったら、少し悲しいですよね。

どうせならば、TOEICの勉強をしながら、スピーキング力もつけてしまいましょう。

以上、シャドーイングをする理由を説明していきました。

ここまでをおさらいしましょう。

[シャドーイングをする5つの理由]

①リスニング力が向上する

② 発音・リズムが身につく

③ 英語力がつく

④ 眠くならない

⑤ スピーキング力がつく



【2】スタディサプリTOEICのシャドーイングをするときのポイント

シャドーイングをする理由はわかってくれましたね。シャドーイングをしようと思ってくれた人も多いと思います。

ただ、その前にシャドーイングをする時のポイントを確認しておきましょう。

これを確認したら、ぜひ、スタディサプリTOEICを使って、シャドーイングをガンガン実践してみてください。

必ずや、リスニング力が向上して、TOEICで高得点を取ることができます。

では、シャドーイングをするときのポイントは以下の通りです。

① ヘッドホン・イヤフォンを使う

② できるだけ聞こえてくる音声を真似る

③ 声に出さなくても、唇を動かすだけでもOK

④ 最初は字幕を見ながらでも良い

⑤ 場面を想像して話し手になりきる

上記の通りです。

1つ1つ説明していきますね。

① ヘッドホン・イヤフォンを使う

理由は次の2つです。

・聞き取りやすい

・自分の声が邪魔にならない

上記の通りです。

シャドーイングでは、いかに真似るかが大切です。

そのために、なるべく英語の音声を聞き取りやすく必要があるんです。

② できるだけ聞こえてくる音声を真似る

とことん真似ることで、リズムや発音が身につきます。

変にオリジナリティを出す必要はありません。本で教わった発音と違うなど言わないでください。

ひたすら、その音声を真似ることです。

そうすることが、シャドーイングの効果を最も発揮します。

③声に出さなくても、唇を動かすだけでもOK

シャドーイングは、声に出すことが基本です。

でも、次のような理由から、唇を動かすだけでもOKです。

・電車の中や歩きながらでも、できる

・声に出すとなると難易度が高い

上記の通りです。

周りを気にしなければいいと言われても、さすがに電車の中でブツブツ言うのは抵抗ある人が多いと思います。

ですから、唇を動かすだけでもOKです。唇を動かすだけで、シャドーイングの効果を十分に発揮します。

それに、スタディサプリTOEICは、スキマ時間でいつどこでもやれるのが、強みですからね。

④ 最初は字幕を見ながらでも良い

最初のうちは、わからないならば、字幕を見ながらでも大丈夫です。

字幕を見ながら徐々にシャドーイングできるようにしていけばいいんです。

その方が時間的にも効率的です。

⑤ 場面を想像して話し手になりきる

これは次の2つの理由からです。

・できるだけ音声を真似ようとできる

・記憶に残りやすい

上記の通りです。

②で説明したように、出来るだけ音声を真似ることが大切です。そのために「なりきる」ことで、より音声を真似ることができます。

また、「その場にいるように話すクセ」がつくと、場面を想像するのが容易になります。

そうすれば、TOEIC本番でも、英語の音声を聞きながら、場面を想像して記憶に残すことができます。結果的に、TOEICで威力を発揮します。

以上、シャドーイングをするときのポイントをお話ししていきました。

【3】スタディサプリTOEICのシャドーイングするときの注意点

最後にシャドーイングするときの注意点を話していきます。

次の通りです。

・解く→解説→リピーティング→シャドーイング

・できるまで繰り返す

・TOEICの教材以外は使わない

・スピードを遅くしない

上記の通りです。

1つ1つ説明していきます。

・解く→解説→リピーティング→シャドーイング

手順としては、繰り返しになりますが次の通りです。

・解く

・解説

・リピーティング

・シャドーイング

上記の通りです。

実際、スタディサプリTOEICも、この手順で構成されています。

・できるまで繰り返す

シャドーイングはできるまで繰り返します。

5つの英文を曖昧にするよりも、1つの英文を正確にシャドーイングできるようになる方が、はるかに実力が付きます。

ですから、最初のうちは、結構大変ですが、慣れてくれば、サクサク進めていけるはずです。

・TOEICの教材以外は使わない

理由は次の通りです。

・TOEICに必要な知識を身につけるため

・TOEICのパターンに慣れるため

上記の通りです。

TOEICはビジネス英語です。ある程度、使われる表現は偏ってきます。

ですから、どうせシャドーイングして身につけるならば、TOEICに必要な知識を身につけた方がいいです。

また、TOEICは「パターンの試験」です。そのパターンを身体に染み込ませていくためにも、TOEICの教材を使った方がいいです。

ちなみに、スタディサプリTOEICはTOEICの教材しか扱っていません。

・スピードを遅くしない

なかなかできないからと、スピードを遅くしない方がいいです。

その遅さに慣れてしまうからです。

そうすると、本番の速さが、かなり速く感じてしまいます。

ですから、最初のうちは字幕を見ながらでも良いので、等倍速でシャドーイングをすることです。

【4】さいごに

以上、「スタディサプリTOEICのシャドーイング」について書いていきました。

スタディサプリTOEICでは、本当にわかりやすく、概要から学習方法まで、懇切丁寧に解説してくれています。

この記事が、少しでも「TOEICを勉強したい」と思う社会人の背中を押すキッカケになれば、幸いです。

ぜひ、スタディサプリTOEICを効果的に使って、目標点数を獲得してください。