丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【知らなきゃ損!】スタディサプリTOEICの効果的な使い方

「スタディサプリTOEICを使おうと思っています。でも、どう使えばいいか、わかりません。だれか効果的な使い方を教えてください」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・スタディサプリTOEICを使う前にやるべきこと

・具体的な進め方

・ワンポイントアドバイス

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。現在も「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。僕自身も、スタディサプリTOEICを愛用しています。

【1】スタディサプリTOEICの効果的な使い方

スタディサプリのTOEICの効果的な使い方として、次の4つを紹介していきます。

・スタディサプリTOEICを始める前にやるべきこと

・スタディサプリTOEICの具体的な進め方

・ワンポイントアドバイス

上記の通りです。

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

【2】スタディサプリを始める前にやるべきこと

次の通りです。

・目標の設定

・期限の設定

・計画作成

まずは、上記のことを確認していきます。

・目標の設定

まずは、目標点数を設定します。例えば、スタディサプリTOEICの推奨している目標点は、次の4つです。

・目標600点

・目標730点

・目標860点

・目標990点

上記の通りです。

これを目処に、目標点数を決めると良いです。

・期限の設定はTOEIC試験日

もちろん、期限はTOEICの試験日です。

TOEICは、年に8回の試験があります。かなり多いですよね。

このうち、どの試験日に申し込むか?

直近の試験日に申し込みます。

これは必ず、そうしてください。多くの人が次のように考えます。

「自分には、まだ実力がないから、実力がしっかりとついてからにしよう。」

この考え方は捨ててください。こういう人は、結局、いつまで、そういうことを言って、試験を受けることがありません。

まさに、これを読んでいる、その日に申し込むことです。

・計画作成は、試験日から逆算

計画作成の基準は、ざっくり言うと、次のようにやるのがスタディサプリTOEICの効果的な使い方です。

・TEPPAN英単語/英文法

・パーフェクト講義(各パート別)

・実戦問題集(試験本番と同じ形式)

上記の通りです。

この計画作成については、別の記事で詳しく書いているので、こちらをご参照ください。

スタディサプリTOEICの計画法【予備校講師が指導】 こういう疑問に答えます。 本記事の内容 ・「基礎英語力→実戦力→本番力 」の順番で学習する ・スタディサプ...

【3】スタディサプリTOEICの具体的な進め方

勉強の順番としては、上記に示した通りです。改めて、載せておきますね。

・TEPPAN英単語/英文法

・パーフェクト講義(各パート別)

・実戦問題集(試験本番と同じ形式)

上記の通りです。

1つ1つ解説していきます。

・TEPPAN英単語

英単語は、目標点別に覚えるべき語数が指定されています。例えば、次のように。

・目標点600:1〜750単語

・目標点730:1〜1090単語

・目標点860:1〜1320単語

・目標点990:1〜1500単語

上記の通りです。

基本的には、上記に従って進めていきます。

・英文法

スタディサプリTOEICで扱う英文法は、以下のようになります。

時制・仮定法・助動詞・不定詞・動名詞・分詞・受動態・関係詞・比較・冠詞&名詞・名詞・代名詞・形容詞・副詞&語法・前置詞・接続詞・文型&語法

上記の通りです。

基本的に、下記の通り、1つのポイントに対して、3つのトレーニングがあります。

・チェック問題

・解説講義(動画)

・問題演習

上記の通りです。

これをきっちりとやりこなしていくことが、スタディサプリTOEICの効果的な使い方になります。

・パーフェクト講義(各パート別)

TOEICはパート①〜⑦までの7つの大問があります。それぞれのパートごとの概要と勉強法を動画で解説してくれています。

スタディサプリTOEICの効果的な使い方としては、これらを余すことなく、マニュアル通りに進めることです。

ここではざっくりと説明していきます。

[Part1]
・概要
写真を見て、音声と一致する選択肢を選ぶ。

・勉強法
①問題をガチで解きにいく

すぐに解答には行かず…

② 音声がすべて100%聞き取れるまで聞く。

③ 答えを見る

④ ディクテーション(聞き取った英語を書き落とす。)

[Part3]

・概要 2人または3人の人物による会話が放送され、3つの設問に答える。

・勉強法のポイント

①すべて聞く。
一部を聞くような待ち伏せの聞き方はダメ。内容をつかむことが大切。

②聞くことに集中
すべて聴き終えてから、問題を解く。つまり、聴きながら問題を解かない。

③シャドーイング(喋っているアナウンスの音声を追っかけて、自分で声に出そうとしてみる)。
実際に声を出す必要はなく、口パクでOK。

[Part4]

・概要
1人の人が話す内容に対しての質問に答える。

・勉強法

①シャドーイング

②当事者意識を持つ
自分がその場にいるかのように疑似体験する事で、記憶に残りやすくする。

[Part6]

・概要
Part5の文法問題と、Part7の長文問題を合体させたような問題。

・勉強法

① 基本的にはPart5で文法力を鍛え、Part7で長文読解力を鍛えれば解ける。

② パターンに慣れておくことは大切。

上記の通りです。より詳しくは、スタディサプリの動画講義の中で解説してくれています。

・実戦問題集(試験本番と同じ形式)

実戦問題集の効果的な使い方のポイントは次の通りです。

・本番と同じ120分で解く

・TOEICは時間との戦い

・時間配分などを考えながら試行錯誤

・全部やる必要はない

上記の通りです。

実戦力問題集は、いわば、本番力をつけるためにあります。

TOEICは時間との戦いです。問題数に対しての、時間が明らかに足りません。英語講師の僕でさえ、ギリギリ終わるくらいです。

ですので、時間配分などを考えながら、試験を受ける必要があります。その模擬試験として、この実戦問題集を使います。

幸いなことに、20回分もありますので、十分に練習できます。

また、試験までに全部やる!と意気込む必要はありません。できる範囲内でやれば十分です。



【4】効果的な使い方(ワンポイントアドバイス)

結論から言うと、次の通りです。

・1.5倍速で見る

・TEPPAN英単語帳を購入する

・リーディングと実戦問題集はテキストを購入

上記の通りです。

1つ1つ解説していきますね。

・1.5倍速で見る

講義動画は、1.5倍速で見ることができます。

担当講師は関正生講師で、かなりテンポよく進んでいきます。

もちろん、等倍速でも「遅いな〜」って気持ちには、なりません。

それでも、効率的な使い方をしたいならば、1.5倍速にするべきです。その分だけ時間短縮になりますからね。

それに、1.5倍速にしても、ついていけないってことはありません。

・TEPPAN英単語帳を購入する

ポイントは次の通りです。

・アプリはチェック用として使う

・TEPPAN英単語帳には覚え方が書いてある

上記の通りです。

2つ目の、覚え方が書いてあるのが、大きいです。人がものを覚えるのは、次の2つに分かれます。

・何回も復習して記憶

・印象が大きくて記憶

どっちの方が、より効率的かって言ったら、2つ目の「・印象が大きくて記憶」ですよね。なんせ、時間をかけなくても、覚えれるわけですから。

そういうわけで、TEPPAN英単語帳を購入して効果的に使うことをお勧めします。

TOEICテストTEPPAN英単語

新品価格
¥1,404から
(2019/6/14 12:08時点)

・リーディングと実戦問題集はテキストを購入

スタディサプリTOEICでは、テキストの購入は任意です。

もちろん、購入しなくても、ダウンロードして、スマホで使うことは可能です。

でも、効果的な使い方をしたいならば、次の2つはテキストを購入してやった方が良いです。

・リーディング(part5〜7)

・実戦問題集

上記の通りです。

リーディングは、スマホだと、設問と本文が別々になっているので、かなり見づらいです。

また、実戦問題集は、120分で200題を本番形式で解くのが理想です。なるべく本番に近づける意味でも、テキストを購入した方がいいです。

【5】さいごに

以上、「スタディサプリTOEICの効果的な使い方」について書いていきました。

ここまでのおさらいです。

・目標点数はスタディサプリTOEICの推奨を参考に決める

・期限はTOEIC試験本番(直近に申し込む)

・そこから逆算して計画作成

・英単語/英文法→パーフェクト講義→実戦問題集の順番で進める

・1.5倍速で見る

・英単語帳/リーディング/実戦問題集はテキストを購入する

上記の通りです。

スタディサプリTOEICでは、本当にわかりやすく、概要から学習方法まで、懇切丁寧に解説してくれています。

この記事が、少しでも「TOEICを勉強したい」と思う人の背中を押すキッカケになれば、幸いです。

ぜひ、スタディサプリTOEICを効果的に使って、目標点数を獲得してください。