幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
未分類

進行形の核心は「途中」

 

【1】進行形の核心は「途中」

  進行形の核心は「途中」です。  
 
☆ ポイント ☆
進行形の核心は「途中」
 
   進行形は「~している」って訳す人が多いのですが、「~している途中」って訳すと進行形のイメージが直感的に伝わってくるんです。例文で確認しましょう。
 
  I am going to school.
「私は学校に行っている(途中)」  
 
   「学校に行っている」だとイマイチです。「学校に行っている途中」って訳すと、今まさにこの瞬間学校に行っていると伝わってきます。
 
 
【2】現在形とは全然違う!
 
   ですから、現在形と現在進行形は全然違うんです。 既に説明したように、現在形は「いつも変わらないこと」でしたよね。  “I go to school.”は「昨日も今日も明日もいつも変わらずに学校に行く」って意味でした。今この瞬間に学校に行っているわけではありません。だから別に夜中の2時に“I go to school.”って言っても自然なんです。
   一方、“I am going to school.”はまさにこの瞬間に学校に行っているわけです。よって、夜中の2時に“I am going to school.”なんて言えないんです。
    このように現在形と現在進行形は全然違うんです。しかし、多くの人がこの違いを明確に答えれないんですよね。

 

【3】進行形にできない動詞

 

   前回、「1秒後にやめれない動詞→進行形にできない」という方法を教えました。これも進行形の「途中」から考えたら当たり前の話なんです。   「途中」ってことはいつでもやめれるってことでもあるんです。だから、「1秒後にやめれる→進行形にできる」。その逆を言えば、「1秒後にやめれない動詞→進行形にできない」ってことになるんです。
 
☆ まとめ ☆
・進行形の核心は「途中」