受動態の問題を解く必殺技2

目安時間:約 4分

【1】自動詞は受動態にできない

 

最後に3つ目のルール「自動詞は受動態にできない」です。

これはよく考えれば当たり前の話です。
自動詞の定義は「目的語をとらない動詞」です。

 

受動態の定義は「目的語を主語に移動」です。

この2つが同時に成り立つことはあり得ませんよね。

 

だから、自動詞は受動態にできないんです。

では、このルールを使って問題を解いてみましょう。

 

[問題]
When the capital city [   ] ,the war ended.
①fell/ ②was fallen

 

fall「落ちる、陥落する」は自動詞です。

よって自動詞は受動態にできないので、答えは①fellになります。

 

 

【2】自動詞なのに受動態 ⁉︎

 

すでに説明したように、原則、自動詞は受動態にできません。

ただし、これには例外があります。

 

〈自動詞+前置詞(群動詞)〉は受動態にできるんです。

論より証拠ということで、例文で確認しましょう。

 

Tom spoke to me yesterday.

I was spoken to by Tom yesterday.

 

まずは、speakについて確認しておきましょう。

speakは原則、自動詞です。

speak to とか speak aboutとか言いますよね。

 

ただし、例外的に、目的語に言語を取る場合は他動詞になるんです。

 

たとえば、speak Englishって中学生の頃に教わりましたよね。

そうなんです。

僕たちは例外から学び、その後に原則を学んだんですよね。

今回は目的語に言語が来てませんから、speakは自動詞ですよね。

ですから原則、受動態にはできないんです。

 

ただし、うしろに前置詞のtoがありますよね。

“speak to ”で1つの群動詞と考えるので、その後ろのmeは目的語ってことになります。

よって、目的語があるので受動態にできるんです。

 

ちなみに、to byの部分が気持ち悪いからってbyを消したりしてはいけません。

その気持ち悪さが良いくらいなのです。

 

 

【3】よく問われる群動詞

 

では、最後によく試験で問われる群動詞を紹介していきます。

どれも重要な熟語でゆくゆくはすべて覚えるべき熟語です。

だったら、どうせなら受動態の群動詞で問われやすいことを意識して覚えた方が効率がいいですね。

 

〈試験によく出る群動詞〉
laugh at∼ 「∼を笑う」
run over∼ 「(車が)∼をひく」
speak to∼ 「∼に話しかける」
cut down∼ 「∼を切り倒す」
deal with∼ 「∼を処理する」
look up to∼ 「∼を尊敬する」
look down on∼ 「∼を軽蔑する」
look after∼/take care of∼ 「∼を世話する」
do away with∼ 「∼を廃止する」

 

 

☆ まとめ ☆

原則:自動詞は受動態にできない
例外:自動詞+前置詞(群動詞)

 

 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

鬼塚 英介 / Eisuke Onituka
予備校講師 / 英語学習コーチ

1984年6月生まれ。北海道出身。

大学進学率1割以下(9割が専門学校や就職)の高校に入学。高3の10月から受験勉強を始める。最初に受けた模試の偏差値は39。現役での受験はセンター5割にも到達せず、志望大学は不合格。その後、ある英語の予備校講師と出会い、効率よい勉強法をすることで成績を劇的に上げられることを知る。

1年間の浪人生活で英語の偏差値は70を超え、地元の北海道大学に合格。大学1年の頃から学習塾、家庭教師、予備校講師などで指導スキルを磨き、独自の勉強法を確立する。

多くの人が英語は丸暗記の教科だと思い込んでいます。無味乾燥な知識の丸暗記から脱却し、「英語のなぜ?」に答え、英語の核心を理解し英語の実力を身につける。「英語は楽しい!」「わかった!」という感動を伝えていく。

最近の投稿
アーカイブ

ページの先頭へ