幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
マインド

映画「ライオン・キング」からの学び【ネタバレほぼなし】

映画「ライオン・キング」からの学び【ネタバレなし】

あなたは今の環境から抜けだす勇気を持っていないのではありませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉

『環境を変えれば世界が変わる』

これに気づけば…

これに気づけば、あなたは環境を変えていくことができる。
というのも、多くの人が今の環境から抜け出せません。
今の環境が全てだと思っています。
結果、狭い世界で生きることになります。

環境を変えれば世界が変わります。
今の環境に縛られないことです。
もっと別の世界があることを知ることです。

いじめで苦しむ人は学校の世界が全てだと思っています。
そこでうまくいかないと人生がおしまいだと思ってしまっているのです。

社会はもっと広いです。
そんな狭いところでうまくいかないならば、別の世界にいけばいいのです。

社会人だってそうです。
その会社でうまくいかないならば、辞めればいいだけです。
これがわかっていないと気を使いながら生きることになるのです。

コツは複数のコミュニティを作ることです。
複数の居場所を作るのです。
そうすれば、一方がうまくいかなくても、別のコミュニティで気分転換ができます。
何よりも、ここでうまくいかなくても大丈夫というのが精神の安定をもたらします。

僕の場合は……

僕は正社員で予備校で働いていました。
でも、数ヶ月で辞めました。
作業内容や人間関係など、色々な面でうまくいかないなと思い、すぐに辞めました。
一応、かなり東証一部にも上場している会社だったのですが、未練はありませんでした。

それから、今は予備校や塾や家庭教師など複数の場所で働いています。
いまはネットでも稼いでいます。
そうやって、複数の環境を整えると精神的に安定します。

実際、僕は最初は予備校一本で働いていました。
やはり一本だけだと変に気を遣ったり、精神的に疲れます。

でも、いまは複数の居場所があるので精神的に安定しています。
次から次へと環境を変えていくと、色々な気づきがあるものです。

映画「ライオン・キング」では…【ネタバレ少し】

映画「ライオン・キング」では、未来の王であるシンバが、自分のせいで父親が死んだと思い、群れから遠く離れた場所に辿りつきます。

そこは、ゆるい場所で、緑が生い茂り、虫を食べて生活しています。
そこで、色々な仲間に出会い、シンバほ楽しく暮らすことになります。
毎日、仲間たちと歌を歌いながら楽しんでいます。

このように、環境を変えた先に、知らない世界があります。
そこで新たな価値観に出会うことができます。

一方で、群れに残ったライオンたちは、ハイエナたちに支配されて苦しい生活を送っています。

でも、彼らはそこが全てだと思っています。
そこから抜け出すなんてありえないと先入観を持ってしまっているのです。
こうやって、環境を自らが変えようとせず、我慢の生活を送り続けることになります。

一応、最終的には、シンバが群れに戻り、ハイエナたちをやっつけて、平和な王国を築きます。

でも、僕の一番の学びは『環境を変えれば世界が変わる』です。

・評価と感想

評価:7(10段階)。

感想:ディズニー英語は正直言ってあまり好きではない。なぜならば、ミュージカルが眠くなるから。ただし、映画「ライオン・キング」ほミュージカル要素が少なく、楽しめた。シンバの父親が死んでしまうところは、かなり感動。ライオン・キングを見ていて思ったのが、最近見た「ドラクエV」の映画と同じで、父親が殺されて成長して、悪いやつをやっつけるっていう流れがすごい似ていた。

以上で、『映画「ライオン・キング」からの学び【ネタバレほぼなし】』をおしまいにします。

僕は映画を週に1〜2回観ています。映画には何かひとつ伝えたいことがあると思っています。そうやって毎回ひとつ学びを持つという意識で観ていると、映画の見方が変わってくると思います。

今後も、このような記事を発信していくので、ぜひ、またご覧ください。